地域の話題

天竜川で120年ぶりに渡し舟が復活

[ 2016年 7月 29日 金曜日 8時15分 ]

 天竜川の飯田市龍江―時又間でかつて行われていた渡し舟が8月16日、およそ120年ぶりに復活する。竜丘地区の飯田市合併60周年記念事業として、時又灯ろう流しに合わせて計画された。16日の渡し舟は午後5時50分から。牧野光朗市長ら来賓が、龍江側から時又港に向かう舟に乗り、往時をしのぶ。

記事全文へ

その他

関東甲信地方が梅雨明け

[ 2016年 7月 29日 金曜日 8時35分 ]

 気象庁は28日、長野県を含む関東甲信地方が「本日梅雨明けしたとみられる」と発表した。平年より7日、昨年より18日遅く、1951(昭和26)年の統計開始以来、8位タイの遅い梅雨明けとなった。ことしの梅雨前線は西日本で活発だったが東日本では弱く、降水量は一部を除いて平年を下回った。

記事全文へ

社会

外国籍者に進学ガイダンスを開く

[ 2016年 7月 29日 金曜日 8時24分 ]

 日本語を母語としない小中学生や保護者らを対象にした「進学ガイダンスinいいだ」が24日、飯田市松尾公民館で開かれた。中国、フィリピン、ブラジル国籍の関係者ら約30人が参加。外国籍者の経験談や通訳を介した国別相談会などを通じて、日本の教育制度や進学に対する不安や疑問の解消を図った。飯田国際交流推進協会(横田盛廣会長)が主催し、県教育委員会と県国際化協会が共催した。

記事全文へ

スポーツ

阿南高がパラ五輪団長のグッズ作成

[ 2016年 7月 28日 木曜日 8時24分 ]

 阿南高校生徒会と同窓会は、同校卒業生で9月のリオデジャネイロ・パラリンピックで日本選手団長を務める大槻洋也さんの活躍を願い、応援グッズを作成した。近くメッセージ入りの国旗や水引作品を大槻さんに贈る予定だ。

記事全文へ

南信州経済

都内で三遠南信期成同盟会が総会

[ 2016年 7月 28日 木曜日 8時30分 ]

 三遠南信道路建設促進期成同盟会(会長・阿部守一長野県知事)は27日、東京都内で2016年度通常総会を開いた。同会を組織する長野、静岡、愛知の3県と関係32市町村の首長らが出席し、各地域の整備状況について情報を共有。合わせて、県境を越えた広域連携の促進や産業、経済活性化への寄与、大規模災害時の「命をつなぐ道」としての役割など、三遠南信自動車道の整備効果への認識を高め、早期全線開通に向け、国土交通省など関係機関への要望活動を積極的に展開していくとした。

記事全文へ

モバイルでも「南信州新聞」 いつも近くに…
南信州新聞の公式サイト「ミナミシンシュウ.jp」は携帯電話からも閲覧していただくことができます。
URLは本サイトと同じ(http://minamishinshu.jp)。
QRコードまたは
>>>こちら<<<から携帯にアドレスを送信できます。
南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。



 日本新聞協会
ふるさと新聞


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州飯田観光ガイド2016春・夏号