地域の話題

各国の料理や文化楽しみ 国際交流推進協が「地球村」開催

[ 2019年 3月 26日 火曜日 15時54分 ]

 飯田国際交流推進協会は24日、多文化共生イベント「IIDA地球村」を飯田市丸山町のかざこし子どもの森公園で開いた。飯田下伊那地域在住の外国籍住民らによる伝統料理の提供や、文化紹介などが行われ、多くの来場者と交流を深めた。

記事全文へ

地域の話題

松川町、ラッピングバス出発 高校生がデザイン考案

[ 2019年 3月 26日 火曜日 15時54分 ]

 松川町が運行する地域路線バス「町コミュニティバス」(愛称・まつかわフルーツバス)で、町は25日、大島循環線の新車両の出発式を町役場で開いた。新車両は町をPRするラッピングバスで、地元の松川高校2年の飯島玲菜さん(17)がデザインした。

記事全文へ

南信州経済

親子で地域産業に触れる エス・バードでオープニングイベント

[ 2019年 3月 25日 月曜日 15時51分 ]

 飯田市座光寺の産業振興と人材育成の拠点エス・バードで24日、オープニングイベントが開催され、親子連れら多くの人出でにぎわった。来場者らは、地場産業体験をはじめ、地域内企業の展示や物産展、信州大学研究室の見学、身近な科学体験などを通じ、地域の伝統産業や新産業を体感。その魅力を肌で感じ理解を深めた。

記事全文へ

地域の話題

猪肉パワーで日本一に 高森町が明大野球部に振る舞う 御大時代のマーク復活知り

[ 2019年 3月 25日 月曜日 15時01分 ]

 明治大学硬式野球部のユニホーム左肩に、高森町出身の「御大」こと故・島岡吉郎監督の時代に付けていた猪マークが復活するのに合わせ、同町の職員らは23日、選手を激励しようと東京府中市の野球部合宿所「島岡寮」を訪ね、部員と監督ら100人以上に「猪鍋」を振る舞った。

記事全文へ

スポーツ

ISCの小中高生10人が、全国大会出場

[ 2019年 3月 23日 土曜日 13時38分 ]

 ISC飯田スイミングクラブ(飯田市鼎西鼎)に所属する小中高生の計10人が、第41回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会(27~30日・東京辰巳国際水泳場)に出場する。10人の出場は2016年の第38回と並び過去最多。大会は10歳以下、11~12歳、13~14歳、15~16歳などの部門に分かれ、個人種目やリレーで競う。

記事全文へ


スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞