学校・教育

JICA研修の一行が松川中央小を訪問

[ 2019年 5月 25日 土曜日 13時20分 ]

 国際協力機構(JICA)の研修で松川町を訪れているアフリカ10カ国12人が24日、松川中央小学校を訪問した。児童とともに学校給食を味わいながら、地産地消や食育の取り組みを学んだ。

記事全文へ

政治・行政

県境域開発協議会が根羽村で総会

[ 2019年 5月 25日 土曜日 13時05分 ]

 長野・愛知県境の5町村でつくる県境域開発協議会(会長・大久保憲一根羽村長)は24日、根羽村役場で2019年度総会を開き、前年度の事業報告や新年度の事業計画案など3議案を承認した。本年度も春から実施している恒例の「おいでんスタンプラリー」を展開する他、春から秋にかけての誘客キャンペーン、国や県に対する道路整備促進の要望・提言活動、住民同士の交流イベントなどを計画している。

記事全文へ

文化・芸能

飯田創造館で下伊那の書展が開幕

[ 2019年 5月 24日 金曜日 16時00分 ]

 「第17回下伊那の書展」(南信州新聞社・同実行委員会主催)が24日、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開幕した。同館301号室と201号室、ふれあい創造ギャラリーに、地域や流派を超えた多彩な195点を展示している。市教育委員会と下伊那教育会、県高校書道教育研究会南信支部が後援。28日まで、入場無料。

記事全文へ

政治・行政

下伊那町村会が事務局統合を検討

[ 2019年 5月 24日 金曜日 16時34分 ]

 下伊那の13町村でつくる下伊那郡町村会は、事務局組織のあり方について検討する。14市町村でつくる南信州広域連合の構成が飯田市を除けば同じで、広域連合と重複する業務があることを踏まえ、町村会事務局の広域連合事務局への統合を検討。複数の首長から統合に前向きな意見が上がる一方、現状維持を求める声もあり、町村会は論点整理した上で本年度中に方向付けたいとする。

記事全文へ

南信州経済

座光寺スマートICの準備工事着手

[ 2019年 5月 23日 木曜日 16時09分 ]

 飯田市座光寺の中央道座光寺パーキングエリアに新設する自動料金収受システム(ETC)搭載車専用の「座光寺スマートIC」(仮称)で、市は今月から準備工事に着手した。上下線のランプ工事は中日本高速道路が今秋にも発注する予定。2020年度末の供用開始を目指す。

記事全文へ


スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞