文化・芸能

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

[ 2018年 12月 17日 月曜日 14時51分 ]

 飯田下伊那地域と愛知県東部、静岡県西部の歌舞伎団体が共演する「第25回三遠南信ふるさと歌舞伎交流 下條大会」(実行委員会主催、南信州新聞社など後援)が16日、下條村のコスモホールで開かれた。飯伊の下條、大鹿の両歌舞伎保存会をはじめ、3圏域の計6団体が出演。県内外から訪れた観客らが情感あふれる演目の数々を楽しんだ。

記事全文へ

「身替座禅」で妻の怒りにおののく大名

スポーツ

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

[ 2018年 12月 17日 月曜日 14時38分 ]

 リオ五輪競泳平泳ぎ200メートル金メダリストの金藤理絵さんが16日、高森町のISC高森スイミングクラブを訪れ、トークショーと水泳教室を行った。高森中1年の稲垣良祐さん(12)の手紙がきっかけになった交流。ISCの高森、飯田、飯田南、駒ケ根の4校から成人会員や小中高校生ら約150人が金藤さんの指導を受けた。

記事全文へ

金藤さんと記念撮影する子どもたち

リニア中央新幹線

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

[ 2018年 12月 15日 土曜日 15時31分 ]

 リニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の掘削残土を大鹿村外へ運び出すために改良中の県道松川インター大鹿線で、新設する西下トンネル(中川村大草)が15日開通した。トンネル坑口で行われた開通式には「松川インター大鹿線及び松川大鹿線改良促進期成同盟会」会長の柳島貞康・大鹿村長ら関係者が出席し、地域住民にとって待望となるトンネルの供用開始を祝った。

記事全文へ

テープカットで完成を祝う関係者

地域の話題

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

[ 2018年 12月 15日 土曜日 15時42分 ]

 15日夜から16日未明に地球に最接近するウィルタネン彗星が飯田下伊那地域からも観察されている。写真は13日夜に松川町元大島の宮下稔さん(73)が自宅から撮影。プレアデス星団(昴)との競演を捉えた。

記事全文へ

彗星(右側)と昴(左側)の競演(宮下さん撮影)

地域の話題

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

[ 2018年 12月 15日 土曜日 15時41分 ]

 飯田市鈴加町の飯田郵便局(千野朗局長)で15日、2019年用年賀状の引受開始イベントが開かれた。式には、飯田仏教保育園の年長園児28人が出席し、7日に訪れたという飯田市立動物園の動物に宛てて書いた年賀状を一人一人専用ポストに投かん。大好きな動物たちに無事届くよう、願いを込めた。

記事全文へ

年賀状を投かんする園児ら

スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会