地域の話題

JR飯田線開通80周年

[ 2017年 8月 21日 月曜日 15時59分 ]

 JR飯田線が20日、全線開通から80周年の節目を迎えた。飯田下伊那地域でも19日からの2日間、JR東海による記念列車運行など多彩な行事があり、飯田駅には市民ら多数が足を運んだ。

記事全文へ

001iidasen

南信州経済

飯田丘のまちバルで市街地を飲み歩き

[ 2017年 8月 21日 月曜日 15時17分 ]

 「丘の上」と呼ばれる飯田市の中心市街地で、食べ歩きや飲み歩きを楽しむ「飯田丘のまちバル」(南信州新聞社など後援)が20日にあり、多数が日中から夜遅くまで店巡りを楽しんだ。居酒屋やカフェ、寿司店、焼肉店、バーなど昨年より10店多い56店が参加し、特製カレーや丼もの、ギョーザ、オードブルなど自慢のメニューを提供した。

記事全文へ

002baru

地域の話題

天竜川氾濫を想定した避難訓練

[ 2017年 8月 21日 月曜日 15時57分 ]

 飯田市危機管理室と松尾地区自主防災会(小木曽博人会長)は20日、天竜川の氾濫を想定した避難訓練を実施した。親せきや友人宅など事前に各自が結んだ「パートナーシップ協定」に基づき、行きやすい安全な場所に車を使って避難する初の試み。氾濫の状況を伝える避難勧告の防災無線にも工夫を加えるなど「より早く行動する」を合言葉に洪水災害と向き合った。

記事全文へ

003tenryugawakunren

学校・教育

OIDE長姫、松川にリバーパーク整備へ 自分たちでつくろうプロジェクト

[ 2017年 8月 19日 土曜日 14時22分 ]

 高校生が計画立案し、自らの手で構造物などを造り上げることで、建設産業の魅力や実践的なものづくりの達成感を体感してもらい、建設業への就労促進を目指す県の事業「自分たちでつくろうプロジェクト」が、飯田OIDE長姫高校で展開されている。

記事全文へ

整備イメージを説明する生徒ら

地域の話題

夏の夜彩る光の共演 天竜川で「市田灯籠流し」 高森町

[ 2017年 8月 19日 土曜日 14時40分 ]

 高森町下市田の天竜川で18日夜、伊那谷に晩夏の訪れを告げる伝統の風物詩「市田灯籠流し」(町観光協会主催)があった。約3000発の花火が夜空を焦がすと見物客から大きな歓声が上がり、川面には250基の幻想的な灯籠の光がゆらゆらと流れた。

記事全文へ

夜空を彩る市田灯籠流し
モバイルでも「南信州新聞」 いつも近くに…
南信州新聞の公式サイト「ミナミシンシュウ.jp」は携帯電話からも閲覧していただくことができます。
URLは本サイトと同じ(http://minamishinshu.jp)。
QRコードまたは
>>>こちら<<<から携帯にアドレスを送信できます。
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。



 日本新聞協会
ふるさと新聞


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号