文化・芸能

第11回南信州獅子舞フェスティバル

[ 2018年 10月 22日 月曜日 16時32分 ]

 第11回南信州獅子舞フェスティバル(実行委員会主催)が21日、飯田市の中心市街地で開かれた。28団体が参加し、地元や県内外から集まった多くの観衆に自慢の演舞を披露した。

記事全文へ

荒々しい舞で沸かせた阿島獅子

文化・芸能

大鹿歌舞伎 秋の定期公演

[ 2018年 10月 22日 月曜日 15時12分 ]

 大鹿村に約300年前から伝わる国選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」秋の定期公演が21日、同村鹿塩の市場神社境内であった。県内外から約1000人が来場。さわやかな秋晴れの下、伝統の地芝居ならではの舞台と客席との一体感を楽しんだ。

記事全文へ

大鹿歌舞伎・秋の定期公演

学校・教育

買い物対策、交流の場に OIDE長姫生が橋北にスーパー開店

[ 2018年 10月 20日 土曜日 14時02分 ]

 飯田OIDE長姫高校商業科の3年生で、飯田市橋北地区の課題について研究活動する8人のグループが20日、菱田春草生誕地公園(仲ノ町)そばの休憩施設「春草の郷」(江戸町)に、農産物を中心に販売するスーパーを開店した。年内は隔週の土日に、午前9時から正午まで営業する。

記事全文へ

開店と同時ににぎわう店内

学校・教育

リニア注目「参加したい」 下條中で未来を語る会開く

[ 2018年 10月 20日 土曜日 14時02分 ]

 下條中学校(今井俊文校長)は19日、同中体育館で3年生を対象にした「下條の未来を語る会」を初めて開いた。3年生の総合的な学習の一環として、昨年度まで開いてきた「模擬議会」に変え、金田憲治村長をはじめとする幅広い立場の村民らと顔を合わせて直接意見交換。リニア中央新幹線の開通や残土埋立地に関する質問や要望も相次いだ。

記事全文へ

下條中生徒が自分たちの考えや思いを伝えた「村の未来を語る会」

地域の話題

丹精した菊鮮やかに 喬木村伊久間でまつり

[ 2018年 10月 19日 金曜日 15時12分 ]

 喬木村伊久間原のドーム菊園で、ドーム菊の観賞や掘り取りなどが楽しめる「菊まつり」が開かれている。60~70代の住民有志9人でつくる「菊愛好会」が丹精し、緩やかな斜面には色鮮やかな株が植わる。31日まで。

記事全文へ

伊久間原で始まった菊まつり

スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会