リニア中央新幹線

下條村でリニア関連工事対策協議会

[ 2020年 1月 21日 火曜日 15時26分 ]

 リニア中央新幹線の中央アルプストンネル松川工区で発生する残土を受け入れ、埋立地の後利用を計画する下條村は20日、「リニア中央新幹線関連工事対策協議会」(会長・福澤敏村議会議長)の第2回会合を開いた。村とJR東海は、実施主体や役割、費用の分担などを明確化する協定書を作成し、本年度内の締結を目指す方針を説明。村は協定に基づき、来年度の当初予算にも埋立地の用地測量を盛り込む。

記事全文へ

学校・教育

高校の将来像を考える協議会が意見書提出

[ 2020年 1月 21日 火曜日 15時23分 ]

 県教育委員会が進める県立高校第2期再編を巡り、飯田下伊那地域(旧第9通学区)の首長や教育関係者らでつくる「南信州地域の高校の将来像を考える協議会」は20日、意見提案書を原山隆一教育長に提出した。飯田OIDE長姫高校(飯田市)の定時制に多部制・単位制の機能を加えることなどを盛り、多様な生徒に対応する。

記事全文へ

文化・芸能

下條村で「下條歌舞伎」を語る会開く

[ 2020年 1月 20日 月曜日 15時14分 ]

 下條村で300年余の歴史を有する地芝居「下條歌舞伎」(村指定重要無形文化財)を語る会が18日、村コスモホールで開かれた。村出身のタレント峰竜太さんと歌舞伎ソムリエのおくだ健太郎さんが登壇し、下條歌舞伎の魅力や今後の展望などについて、熱っぽく語り合った。

記事全文へ

学校・教育

キャリア教育推進フォーラム開く

[ 2020年 1月 20日 月曜日 15時08分 ]

 飯田市のキャリア教育推進フォーラムが18日、鼎文化センターで開かれ、市内の中学生ら約300人が参加した。2006(平成18)年に始まり、14回目。「自分らしい生き方の実現」をテーマに掲げて活動発表や意見交換を行い、職業観や勤労観、地元への愛着心を育てる機会にもした。

記事全文へ

地域の話題

劇団雅が2月にオーディション開催

[ 2020年 1月 18日 土曜日 13時59分 ]

 発足から1周年を迎えた飯田市を拠点に活動する「劇団雅」は、今年8月に市内で旗揚げ公演を行うことを決めた。出演者やスタッフを募るオーディションを2月に開く予定で、主宰する菊地由里さん(28)=飯田市羽場=は「演劇経験の有無は関係なく、熱意のある人を募集している。演技を楽しんでもらい演劇を好きになってほしい」と呼び掛けている。

記事全文へ


スポンサーリンク
オンラインブックストア◇南信州の香りが詰まった本はいかがですか?
南信州新聞社出版局が発刊している本をご紹介します。飯田下伊那地域のふるさとの香りがたくさんつまった作品から地域の歴史を探る長編、新聞連載で人気を集めている新書も。オンライン購入も可能です。

 新聞オンライン.COM

 日本新聞協会







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞