オオルリの姿に感激 モーリー隊が野底山で野鳥観察会

ニュース

[ 2017年 5月 11日 木曜日 15時50分 ]

野鳥を観察する参加者たち

 身近な野鳥や自然に親しんでもらおうと、飯田市上郷地域まちづくり委員会の特別委員会「モーリーの森応援隊」はこのほど、黒田の野底山森林公園で春の野鳥観察会を開いた。飯田下伊那各地や上伊那から25人が参加し、日本鳥学会員で松川青年の家元所長の大原均さんの案内で多彩な鳥を観察した。

 

 参加者たちは持参した双眼鏡や望遠鏡などを片手に園内を散策。モーリーの森交流館、小鳥の森樹木園、マレットゴルフ場などの周辺を巡った。

 

 講師を務めた大原さんは、森の中にいるシジュウカラやヤマガラ、イカル、メジロなどを見つけては、外見の見分け方や鳴き声の違いなどを紹介した。

 

 鮮やかな青色をしているオオルリが姿を見せる場面もあり、参加者たちの歓声が響いた。

 

 応援隊のメンバーは大原さんに継続的な指導を受け、将来的には自分たちで野鳥ガイドを務めたい考え。

 

 イベントで撮影されたオオルリの写真は「モーリーの森交流館」で始まった有志らによる約40点の写真展「野底山の春を撮ろう」でも展示されている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号