元善光寺の「善心光梅」見ごろ

ニュース

[ 2013年 3月 16日 土曜日 13時17分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺に植わる梅の木「善心光梅(ぜんしんこうばい)」が15日に見ごろを迎え、アマチュアカメラマンらを楽しませている。

 同梅の木は、2009年に同寺と観光協会が愛称を公募し、県内外から寄せられた55案のうちから、「本多善光公の名をいただき、いまの荒廃した世を洗い流し、自然に咲く梅の花のような善の心で、さらに輝くように」との意味を込めた同市座光寺の女性(当時67)の愛称を満場一致で採用した。

 梅の木は同寺の麻績の里遊歩道入口にあり、推定樹齢は150年。つぼみはピンク色、花は白色と上品な風情を漂わせ、毎年開花を楽しみに待つ参拝者は多い。この日の午前中に掛け付けたというアマチュアカメラマンの1人は「去年は開花後の冷え込みで花びらが茶色っぽくなってしまったが、ことしはきれいなうちに出会えた」と望遠レンズを使ってシャッターを切っていた。

 現在5分咲きに近づき、引き続き温かい陽気が続けば週末には満開となりそう。本多住職は「例年よりも少し遅めの開花だが、満開から1週間は楽しめる。和んでもらえれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞