小さな黄色一面に

ニュース

[ 2021年 2月 10日 水曜日 15時16分 ]

 飯田市座光寺北市場地区にある「いいちこ桜」周辺で、フクジュソウが辺り一面を彩っている。管理する「いいちこ会」によると、今月中旬ごろにも200~300株が咲きそろい、見頃を迎えるという。

 同会はいいちこ桜を保護しようと、30年ほど前に発足。一帯の整備を行い、フクジュソウは十数年前に植えた。

 現在は十数人の会員が所属しており、年3回の草刈りや地区の夏祭り、どんど焼きなど、年間を通じてさまざまな活動に取り組んでいる。

 斜面一帯に植えられているフクジュソウは9日、約150株が顔を出しており、小さな花を咲かせている。

 同会の福田富廣さん(72)によると、フクジュソウは例年より1週間ほど早い1月下旬に開花。2月中旬ごろに見頃を迎える見通しで、今月いっぱい楽しめるという。福田さんは「新聞やラジオで知って来てくださった方を見ると、やっていて良かったと思う。気軽に足を運んでくれれば」と話している。

◎写真説明:今月中旬頃に見頃を迎える

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞