飯田市が移住定住推進室を開設

ニュース

[ 2019年 4月 10日 水曜日 16時31分 ]

 飯田市は新年度から、移住希望の総合支援窓口となる「結いターン移住定住推進室」を市役所C棟1階に開設した。相談者それぞれが望む暮らしや課題に即した「オーダーメイド型」の対応を重視。移住前後の理想と現実の隔たりをなくし、安心の向上につなげる。

 前年度まで産業経済部産業振興課にあった「結いターンキャリアデザイン室」を改め、市民協働環境部の課として開設した。移住定住促進係を中心に「職と住、暮らしに関する総合支援をワンストップ・サービスで提供する」(牧野光朗市長)。

 案件ごとの事情をくみ取り、部局横断の支援態勢を構築。市内全20地区それぞれの魅力を生かし、交流・関係人口の拡大を目指す「田舎へ還ろう戦略」とも連動して取り組む。

 室長を担う松下徹・市民協働環境部長は「同じ移住希望でも、例えば、積極的に地域行事に参画したい人もいれば、静かに農業をたしなみたい人、自然の中で子育てがしたい人などさまざま。志向や価値観、家族構成やキャリアなど個々に事情は異なる」と指摘。「どのような暮らしを望むのかをしっかり把握し、移住後も見据えた支援や提案につなげたい」としている。

 市の人口は減少に歯止めがかからず、目標を下回るペースで推移。市は本年度の戦略計画として、移住希望者に向けた空き家情報の提供やお試し移住ツアーの充実などにも力を入れる。

 移住定住の決め手として「困った時に頼りになる存在」や「手本となる先駆者」といった「人」の影響力も大きいことから、各地区に対し「移住案内人」や「世話人」など生活支援の仕組みづくりも促す。

 このほか、都市圏で開かれる移住定住イベントなど横並びの方法では効果は薄いとして、飯田への移住希望の道筋を太く色濃くするための戦略も強化。若い年代を対象にした田舎暮らし関連の雑誌やメディアの関係者、クリエイターらが集まる拠点など個別ルートの開拓も進める。

 問い合わせは市結いターン移住定住推進室(電話0265・22・4511)へ。

◎写真説明:「職」「住」「暮らし」の総合支援を担う移住定住推進室の担当者ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞