「オケ友音楽祭」が開幕、クリニックや演奏会4日まで

文化・芸能

[ 2010年 5月 3日 月曜日 13時57分 ]

 プロ・オーケストラとともに市民が楽しみ、学ぶ「オーケストラと友に音楽祭2010」が1日、開幕した。20年にわたって飯田市で開かれた「アフィニス夏の音楽祭」の経験を生かし、市民が主体となってつくる音楽祭として昨年5月に第1回目が開催。コンサートなど音楽を「楽しむ」プログラムと、プロから「学ぶ」音楽クリニックと成果発表演奏会を中心に展開した。ことしも名古屋フィルハーモニー交響楽団(名古屋市)をパートナーに迎え、4日まで、飯田市を中心に飯田下伊那の各地でコンサートや団員によるクリニックでの指導が行われる。

 第2回音楽祭の初日となった1日は、「にこにこステージ音楽祭スペシャル」や飯田交響楽団による「そよ風☆コンサート」、名フィルの「ポップスコンサート」が開かれた。にこにこステージとそよ風☆コンサートは未就学児も入場可能で、気軽にクラシックを楽しむことができる演奏会として企画。幅広い年代の人が身近なところでクラシック音楽に親しめる企画としては、名フィル団員によるアンサンブルを楽しめるコミュニティーコンサート(2日・喬木村福祉センター、3日・杵原学校)、地元音楽団体ソノール・クラリネットアンサンブルのコンサート(2日)や地元吹奏楽団ジョイントコンサート(4日)がある。

 ほかにも、クリニックの成果が披露される成果発表演奏会が4日午前11時から、名古屋フィルによる「名曲コンサート」が同日午後2時から開かれる。

 各種チケットは販売中。問い合わせは実行委員会事務局(電話0265―23―3552)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞