「人形劇ワークショップ」受講者が人形作り

文化・芸能

[ 2012年 3月 26日 月曜日 15時42分 ]

人形劇ワークショップ 人形劇の制作から上演までを行う「人形劇ワークショップ」が、飯田市高羽町の飯田文化会館で行われている。上演作品を決定し、現在、12人の受講者が人形作りに取り組んでいる。

 

 人形芝居燕屋・くすのき燕さんをメーン講師に、昨年10月から開催。脚本選びから人形のデザイン・製作、けいこ、上演まで、作品制作のすべてを体験する。

 

 地元の民話から人形劇の題材をとろうと11月、下伊那郡に伝わる「石の正兵衛さん」を選んで台本作りを開始。12月から人形のデザインを考え始め、人形美術・製作などを行う枝松千尋さんから指導を受けながら、登場するキャラクターの人形製作に取り組んでいる。

 

 はじめに粘土で顔を作って石こうで型をとり、石こうの型に紙をあてて乾かし、表面に布を張って人形の顔に。厚紙やウレタンなどで胴体や手を作り、衣装を着せて完成させる。

 

 枝松さんやくすのきさんからアドバイスを受けながら、1人1体ずつ仕上げていく。人形の表面に張る布がしわにならないよう気を付けたり、顔と胴体のバランスに配慮しながら、丁寧に作っていった。

 

 飯田女子短期大学の子ども文化研究会で人形劇に取り組む女性(20)は「使う材料も、こんなものがあるのかと勉強になった。研究会での人形作りの参考になる」と話した。

 

 各人形を4月までに完成させて2カ月間けいこを行い、2班に分かれて6月に飯田人形劇場で発表会を開く。8月のいいだ人形劇フェスタにも参加予定。

 

 くすのきさんは「発表がワークショップの卒業。それぞれ一通りの作り方は学んだので、各自でできると思う。ワークショップ後も何かしら活動してもらいたい」と語っていた。

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号