「伊豆木人形を大切に」三穂小で指導者迎え体験学習

文化・芸能

[ 2014年 3月 17日 月曜日 16時22分 ]

 飯田市三穂に江戸時代から伝わる伊豆木人形の体験学習が、三穂小学校でこのほど行われ、全校児童が人形の動かし方などを地域の指導者から学んだ。

 地域が誇る人形浄瑠璃の魅力を知り、大切にしようという気持ちを持つきっかけに―と、「ふるさと学習」として開催。地域グループ「伊豆木人形クラブ」を指導する今田人形座の木下文子さん、伊豆木人形クラブの久保田克彦さんを講師に迎えた。

 伊豆木人形の歴史、人形の構造説明に続く動かし方の体験では、高学年の児童が頭、1~4年生が左手と足を動かし、歩いたり座るなどの動作を練習。進む方向に視線を向けたり、3人が一体になって動くといったこつを学んだ。

 伊豆木人形クラブで活動する小学生は現在2人。公民館主事は「これをきっかけにクラブに入り、継承してもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞