「伊豆木人形を大切に」三穂小で指導者迎え体験学習

文化・芸能

[ 2014年 3月 17日 月曜日 16時22分 ]

 飯田市三穂に江戸時代から伝わる伊豆木人形の体験学習が、三穂小学校でこのほど行われ、全校児童が人形の動かし方などを地域の指導者から学んだ。

 地域が誇る人形浄瑠璃の魅力を知り、大切にしようという気持ちを持つきっかけに―と、「ふるさと学習」として開催。地域グループ「伊豆木人形クラブ」を指導する今田人形座の木下文子さん、伊豆木人形クラブの久保田克彦さんを講師に迎えた。

 伊豆木人形の歴史、人形の構造説明に続く動かし方の体験では、高学年の児童が頭、1~4年生が左手と足を動かし、歩いたり座るなどの動作を練習。進む方向に視線を向けたり、3人が一体になって動くといったこつを学んだ。

 伊豆木人形クラブで活動する小学生は現在2人。公民館主事は「これをきっかけにクラブに入り、継承してもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞