「大鹿歌舞伎」喬木で出張公演、伝統の地芝居を間近に

文化・芸能

[ 2014年 9月 20日 土曜日 11時32分 ]

 300年近い歴史を持つ国選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」の出張公演がこのほど、喬木村の喬木中学校体育館であった。観客約450人が集まり、大鹿歌舞伎の役者らでつくる信州大鹿歌舞伎愛好会の会員が演じる素朴な地芝居を堪能した。

 演目は、鎌倉時代に敵対関係の父と夫との間で姫が苦悩する物語を題材にした「鎌倉三代記 三浦別れの段」。体育館のステージに舞台が用意された。

 浄瑠璃太夫の弾き語りと息のあった役者の動きが観客の拍手を誘い、見せ場では役者が豪快に見えを切るたび歓声が上がったり、おひねりも飛んだ。

 大鹿歌舞伎は、2011(平成23)年製作の映画「大鹿村騒動記」の題材となったこともあって全国的に話題となり、春と秋の定期公演では毎年多くの歌舞伎ファンを集める。企画した喬木村公民館教養部は普段、大鹿村まで歌舞伎を見に行けない村民にも楽しんでもらおうと計画。足を運んだお年寄りは「迫力のある舞台を存分に楽しめた」と満足気に語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15