「家に帰ったような気分」ヤンさんとN響の仲間

文化・芸能

[ 2011年 7月 2日 土曜日 13時00分 ]

 オーケストラと友に音楽祭“アンサンブルシリーズ”「アフィニス・アンサンブル・セレクション(AES)~ウェン=シン・ヤンとN響の仲間たち~」が30日夜、飯田市吾妻町の市公民館で開かれた。2008年まで開催された「アフィニス夏の音楽祭」で講師を務めたヤンさんが、NHK交響楽団の3人のチェリストとともに、再び飯田の地で演奏を披露。会場を訪れた観客450人を魅了した。

 ヤンさんは1965年スイス生まれ。24歳にしてバイエルン放送交響楽団の首席チェロ奏者になる。91年、ジュネーブ国際音楽コンクールで優勝。その後マゼール、サヴァリッシュ、ヤンソンス等の世界的指揮者と共演する。また2004年からミュンヘン音楽大学教授を務める。

 日本では05年、佐渡裕指揮/スーパー・ワールド・オーケストラ、08年外山雄三指揮/NHK交響楽団と共演したほか、初のリサイタル・ツアーを実施。09年には東響との共演のほか、N響のチェリスト3名とチェロ・カルテットとしてリサイタルを行う。06年からは飯田市でのアフィニス夏の音楽祭の講師として度々招かれている。

 この日はヤンさんと、N響の藤森亮一さん、岩井雅音さん、宮坂拡志さんが出演。チェロカルテットにより、アンコールを含め全9曲が披露された。

 ビバルディの合奏協奏曲によって華やかに幕を開けると、憂愁に満ちたメルカダンテの「詩」、激しく繊細な技巧が繰り広げられるロッシーニの「涙」、軽快で陽気なハーモニーのオペラ曲「セビリアの理髪師」が続く。

 ハイドンの「チェロ協奏曲ハ長調」の次は、J.シュトラウス2世「美しき青きドナウ」。穏やかで雄大な川の流れを、優雅で軽やかに表現。華麗な旋律で幕を閉じると、会場からは大きな拍手が起こった。

 鳴り止まない拍手に応え、ヤンさんらはアンコールを3曲演奏。いずれも第一次世界大戦終結後の1920年代、ドイツで流行した歌だという。「当時ドイツは敗戦直後の厳しい環境だったが、歌には何とか生き残ろうという気概がある。今の日本とも重なる」とヤンさん。

 今回の飯田での演奏について「家に帰ったような気分。聴衆のみなさんも温かく、音楽に集中してくださっていた。アフィニスで20年培ってきた歴史が、いい音楽の経験として蓄積されていると感じた。また飯田で演奏したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞