「新野の雪祭り」が国立劇場で初公演 

文化・芸能

[ 2014年 11月 12日 水曜日 13時40分 ]

 阿南町の国重要無形民俗文化財「新野の雪祭り」が8日、東京の国立劇場で初公演した。舞い手50人のほか新野小学校児童や阿南第二中学校生徒約20人の計70人が出演。2部構成で「ビンザサラ舞」から「田遊び」まで、通常は夜通し続く演目を約4時間に凝縮して披露した。

 同雪祭りは毎年1月14日、伊豆神社で行われる五穀豊穣祈念の祭り。夜を徹して田楽や神楽、翁芸、狂言、田遊びなど、古の芸能の姿を残すさまざまな芸能が演じられる。

 公演では両部を通して神楽殿の儀、伽藍神の神事、本殿の儀、祭りのクライマックスになる庭の儀を披露。祭りには欠かせない「面形(おもてがた)」の数々が登場し、両部で行われた「幸法」「茂登喜」はそれぞれ異なる舞を演じるなど、約900人の観客は受け継がれてきた芸能の魅力や奥深さを堪能し、盛大な拍手を送った。

 出演者らは今回の公演に向け9月中旬から計7回の合同練習を実施。ステージでの発表に、舞が観客に見えるよう立ち位置や向きに工夫を加えるなど、日が落ちてから3時間以上にわたる通し稽古に打ち込んできた。金田昭徳保存会長は「750年受け継がれてきた伝統を東京の大舞台で披露できて良かった。いまはほっとしている。出演者も満足している」と語り、「これを機に伝統行事を見直し、あらためて守っていくという強い意識につなげたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05

児童の笑い声 校舎に響く

5月18日月曜日16:39

「伝統野菜」地域で守る

5月16日土曜日13:41








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞