「最後に温かい涙が」 タテさん、勇翔さんらあいさつ 映画「瞬間の流レ星」

文化・芸能

[ 2018年 6月 30日 土曜日 14時55分 ]

タテさん、勇翔さんらが舞台あいさつ

 長野県出身者を起用し、県内で撮影した青春ミステリー映画「瞬間の流レ星」の上映が6月29日、飯田市中央通りのセンゲキシネマズで始まり、主題歌を担当した同市在住のシンガーソングライター、タテタカコさん、出演者の勇翔(ゆうひ)さん(BOYS AND MEN)らが舞台あいさつした。

 脚本を読んで主題歌「笑った顔」を書き下ろしたタテさんは「すごく純粋だったかつての自分、小学生の頃の友達を思い出し、登場人物の心持ちと一緒に自分の記憶をたどるような機会をいただいた」と振り返った。

 主人公(増田有華さん)の仲間を演じた勇翔さん(上高井郡高山村出身)は「長野県を盛り上げたいと思っているので、映画を通して地元の魅力を知ってもらえてうれしい。謎を解きながら見て」と話した。

 主人公の父親を演じたマンモウ飯田さんは「正解なのか不正解なのか、かすんでいた部分が最後にはっきりし、温かい涙が流れる映画になった」とまとめた。

 上映会後にはタテさんのロビーコンサートもあり、主題歌や県内ゆかりの曲を中心に演奏した。

 「瞬間の流レ星」は高校時代のトラウマを抱えた主人公の女性が、6年ぶりに再会した仲間たちと謎の指令に翻ろうされ、隠された真実を知るという作品。

 同館では7月4日まで上映する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞