「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

文化・芸能

[ 2018年 7月 7日 土曜日 14時47分 ]

「ザ・ファイナル」のポスター

 市民有志団体「IIDA WAVE」(イイダ・ウエーブ、伊藤茂雄代表)は6日に会見し、22日午後1時から飯田市吾妻町の市公民館で開く18回目の音楽コンテスト「ザ・ファイナル2018」の出場者11組を発表した。

 今回は県内外の16組から23曲の応募があり、1次審査とプレオーディションで県内外の10組を選考。昨年の「とよロク」でグランプリを受賞した飯田、飯田風越、飯田OIDE長姫の3高校生徒によるバンド「サルノオサ」にも特別枠の出場権を与えた。

 内訳はバンド6組、ギター弾き語り4組、アコースティックユニット1組。約半分は常連のベテラン勢が締めるが、音楽的には新鮮で、同じアコースティックでもロック、フォーク、ブルース、ポップスなどさまざまなジャンルの楽曲が演奏されるという。

 ヘッドプロデューサーの桑原利彦さん(61)は「全国的にも類を見ない珍しいコンテスト。会場の空気を感じてもらえば、間違いなく幸せな気分になれる」と話した。

 来場者は2曲を選んで投票し、グランプリと準グランプリ、SBC賞を決める。ゲストは07年にグランプリを受賞し、現在はプロとして活動するサトウリュースケさん(松川町出身)、昨年グランプリのスーパーあきたこまち。

 入場料は一般1000円、高校生以下500円。IIDA WAVE会員と未就学児は無料。市内平安堂、本町の事務局で扱っている。問い合わせは事務局(電話0265・21・1212)へ。

 出場者は次の通り。番号は予選通過順位、当日は⑪から演奏。

 ①The e―ROX(バンド、飯田)②日向村楽団(同、東京)③AIMI(弾き語り、松本)④中山昭(同、飯田)⑤しーまん(同)⑥のむ(同、愛知)⑦Clutch(バンド、飯田)⑧Rock Wave(同)⑨海賊船(アコユニット、伊那)⑩Bloodless the war(バンド、東京)⑪サルノオサ(バンド、飯田)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞