「皆さんに会えて幸せ」

文化・芸能

[ 2020年 12月 7日 月曜日 15時18分 ]

 飯田市中央通りのセンゲキシネマズで上映中の映画「瞽女(ごぜ) GOZE」の瀧澤正治監督(71)が2日に飯田入りし、舞台あいさつした。平日の日中ながら26人が来場し、瀧澤監督は「(かつて瞽女がいた)飯田の皆さんに映画を見てもらい、こうしてあいさつできる幸せは口では言い表しようがない。製作してよかったと心から思える」と感謝した。

 瀧澤監督はCMディレクター、映画予告監督を経て、57歳で映画監督デビューした苦労人。「瞽女 GOZE」は、晩年に人間国宝になった“最後の瞽女”小林ハルさん(1900―2005年)の生き方や人生観に感銘を受け、17年かけて公開にこぎ着けた。

 瀧澤さんは「地味な題材なので大手配給会社にはことごとく断られたが、『苦は楽のタネだよ』というハルさんの言葉を思い出しながらくじけず、あきらめずにやってきた」「人生いい時、悪い時があるが、悪いだけじゃない。一生懸命やっていると良い人に会える」と振り返った。

 映画はロケ地・新潟を振り出しに、これまで全国26館で上映。飯田での舞台あいさつは予定になかったが、「飯田瞽女」の歴史にも触れた本紙の記事を読んで「いてもたってもいられなくなり」(瀧澤さん)、急きょ決めた。

 自身が人形作家の故・川本喜八郎さんのファンであり、知人のディレクターが飯田出身のため、以前から親近感のある街でもあったと明かし「映画は心から出て、人の心に届けるもの。これからもそういう作品を作っていきたい」と話した。

 市内の女性は「子どものころ、瞽女さんが三味線につかまって歩いていた姿を見た。歌と演奏を喜んで聴いたことも覚えている。寒い時期だった気がする」などと瞽女に関する記憶を語った。

 センゲキでの上映は9日まで。

◎写真説明:あいさつする瀧澤監督

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞