「麻績の里舞台桜」飯田市天然記念物に

文化・芸能

[ 2011年 3月 9日 水曜日 15時22分 ]

 飯田市文化財審議委員会(山内尚巳委員長)は2月の同審議委員会で、「麻績の里舞台桜」=同市座光寺=の市天然記念物への指定を、市教育委員会に答申した。指定については、3月22日開催予定の定例教育委員会で協議、正式決定される。

 エドヒガンのシダレザクラ。花弁数が5―10枚とばらつきがあり、このような変異個体は他には知られていないという。座光寺地区の住民によって樹勢や樹形が保持され、隣接する県宝「旧座光寺麻績学校校舎」と一体的な景観を形成している。

 市教委では「学術上貴重で、この地方の自然を記念するもの。文化的景観としても優れている。後世に保存すべき文化財と認められる」としている。

 植えられた年代については諸説あるが『座光寺尋常高等小学校日誌』(座光寺小学校蔵)の記述から、1886(明治28)年にはある程度の成木であったと考えられている。2005年に名称の公募が行われ、麻績学校にちなんだ「麻績の里舞台桜」と命名された。

 市教委によると、今回の指定で市指定文化財は88件、うち天然記念物は23件となった。サクラの木としては、03年に指定された立石の立石寺前のシダレザクラに続き8件目。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1カ月ぶり歓声「かわいい」

6月2日火曜日15:37

飯伊に希望と元気を

6月2日火曜日15:49

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞