いいだ人形劇フェスタ2017が閉幕

文化・芸能

[ 2017年 8月 7日 月曜日 15時24分 ]

001festa

 飯田市を中心に開催された「いいだ人形劇フェスタ2017」が6日、6日間の日程を終えて閉幕した。国内外から訪れたおよそ270劇団が、約500ステージを展開。夕方には劇人やボランティアスタッフらが集い、お別れパーティーを開いた。

 ことしは「きらめく夏 魔法の笑顔」をテーマに開催。関東の人形劇を特集し、伝統人形芝居から現代の人形劇まで、多彩な作品を上演した。

 5日には、劇人が人形を持って練り歩く「わいわいパレード」を中央通りで実施。昨年は天候不順で中止になったが、ことしは例年よりも多めの約50団体が参加し、路上でパフォーマンスを披露したり、沿道に集まった人々と人形を通じて触れ合った。

 6日には劇人やスタッフら約300人が参加し、同市錦町のシルクホテルでお別れパーティーを開いた。参加劇団によるパフォーマンスも行われ、会場を盛り上げた。

 原田雅弘実行委員長は「人形劇だけでなく演劇の人たちが参加したり、初めて観劇に来た人もいて、フェスタの輪が広がっていると感じた。各会場で笑顔があふれ、皆が元気になれる魔法が満ちあふれる場所にできた」と振り返った。

 また来年フェスタ20周年と、前身の「人形劇カーニバル飯田」から数えて40周年を迎えることを記念して「世界人形劇フェスティバル」を開催することに言及し「フェスティバルを一緒につくっていただけたら」と呼び掛けた。

 カーニバルから39年連続で参加する香川県の和気瑞江さんは、過去に飯田で開催された同フェスティバルで、広島に原爆が投下された8月6日に各国の劇人と黙とうをささげたことを振り返り「きょうは原爆の日。これからも平和で、皆で人形劇を楽しめる日を続けていくことができたら」と語った。

 パーティーの最後には、全員でフェスタテーマソング「僕たちのフェスタ」を合唱。大きな盛り上がりの中で閉幕し、来年の再会を誓い合った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞