おいでなんしょ寄席ツアーで落語を満喫

文化・芸能

[ 2017年 2月 21日 火曜日 15時43分 ]

002oidenansyo

 飯田下伊那の有志でつくる実行委員会(片桐啓委員長)と飯田文化会館、南信州新聞社が主催する「おいでなんしょ寄席」の関連イベントとして旅行会社が企画した第9回「おいでなんしょ寄席ツアー」が19、20の両日に行われた。開席10周年を迎えた大阪の定席「天満天神繁昌亭」などを25人で訪れ、上方落語を楽しんだ。

 

 19日の繁昌亭には、NHK新人落語大賞で優勝した桂雀太、重量級のキャラクターが光る桂三金、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」に出演した桂よね吉、二代目桂枝雀の弟子・九雀らが出演。東京の桂才賀と岡大介(カンカラ三線)も登場した。

 

 枝雀の孫弟子にあたる雀太は、枝雀の十八番だった「代書」を好演。よね吉は歌舞伎の知識を生かした「蛸芝居」、トリの九雀はうどん屋も出てくる上方流の「親子酒」で魅了した。

 

 江戸落語や珍芸の立体紙芝居も楽しんだ一行は、この日のバラエティー豊かな顔付けと充実した演目に満足した様子だった。

 

 実行委員長の片桐啓さんは「枝雀を飯田に招く計画は幻に終わったが、孫弟子が天才・枝雀の芸風を自分なりに受け継でいると知り、うれしく思った」と話し、上方落語界の発展に期待していた。

 

 同日夜は外国人旅行者でにぎわう道頓堀でふぐ会席を味わい、20日は造幣博物館と“大阪の台所”黒門市場、地上300メートルの景色が見られるあべのハルカス展望台、通天閣周辺の繁華街「新世界」を訪れた。

 

 おいでなんしょ寄席ツアーは、東京と大阪の定席の雰囲気とさまざまな芸風に親しんでもらい、親睦を深めることなどを目的に毎年企画している。

 

 来年は東京の寄席と江戸情緒が味わえるスポットを訪れる。詳細は次回のおいでなんしょ寄席の会場で告知する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号