お練りに向け橋北屋台囃子がお披露目

文化・芸能

[ 2016年 2月 9日 火曜日 9時52分 ]

 3月25~27日に開催される飯田お練りまつりに今回初めて出演する「橋北屋台囃子保存会」(牧野仁志会長)は7日、飯田市橋北公民館でお囃子の演奏会と新調した法被のお披露目を行った。多くの地区住民らが見守る中、本番で披露する3曲を演奏。ダイナミックな動きに力強い音、笑顔で発せられる軽快な掛け声に、聴衆からは大きな拍手が送られた。

 橋南地区にはかつて伝馬町、桜町の5カ町に本屋台があり、小伝馬町、浜井町、大王路にも屋台があった。江戸時代後期から大正時代までは、お練りまつりといえば現在のように獅子舞が多くを占めるものではなく、橋南地区も含め、屋台をひいて街なかを練り歩き、お囃子を奏でたり出し物を繰り広げるのが中心だったという。

 電線の普及により本屋台などの引き回しができなくなったことに加え、飯田大火で屋台が焼失した以降は、お練りまつりにおいて橋北地区独自の出し物はなく、商栄会が会津の芸子衆を招いて白虎隊の演舞をメーンとしてきた。

 そうした中2010年、「かつて披露していた勇壮絢爛な踊りや演奏を、飯田お練りまつりで復活させたい」と、「橋北地区伝統文化保存継承プロジェクト」が発足。牧野会長宅に残っていた1962年当時の伝二(伝馬町2丁目)囃子保存会によるお囃子の録音テープと、市美術博物館に保管されている譜面を基に、和太鼓演奏者の塩原良さんの協力で「青龍」という曲を復活させ、横笛と太鼓によるお囃子の練習を続けてきた。

 今回のお練りまつりでは、この「青龍」に加え「新しい曲にも挑戦し、未来に継承していきたい」と、塩原さん作曲の「橋北新囃子」、「杜の祭音」の3曲を披露。小学生を中心に、地区住民と塩原さんが講師を務める太鼓演奏団体「杜の学校」のメンバー計40人余りで参加する。

 牧野会長は、「お練りまつりへの参加が決まり、演奏もようやく形になってきた。感慨深いものがある。将来的な屋台の復活も見据え、お練りまつりでは良い演奏を披露し、多くの人に橋北の屋台囃子を知ってもらいたい」と力を込めた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24