お練りまつり 過去最多の47団体出演 全体会議で意識統一

文化・芸能

[ 2016年 2月 3日 水曜日 13時59分 ]

 3月25~27日に開催される飯田お練りまつりの出演団体打ち合わせ会議が1日、飯田市上郷別府の南信州・飯田産業センターで開かれた。出演団体は過去最多となる47団体に決定。会議では混雑が予想される中、スムーズな運営ができるよう注意事項を確認し意識の統一を図るとともに、各団体の協力により、南信州最大級のお祭りを盛り上げることを誓い合った。

 この日、25日は2団体、26日は32団体、27日は28団体の出演が確定。3日間出演するのは大名行列と東野大獅子の2団体となっている。

 事前に提出された各団体の出演コース予定によると、26日午後4時ごろ銀座~知久町で、27日午前11時ごろ中央通り1・2丁目~銀座で特に多くの団体が重なっているといい、事務局は「混雑により予定通りの演技ができない恐れがある」とし、コースの変更や時間調整などの協力を求めた。

 この他、現在開発中のGPS情報表示システムについて紹介。全団体にGPS情報発信用機器を携帯してもらうことで、来訪者らがスマートフォンなどの携帯端末で各団体の現在位置が確認できるよう準備を進めているという。

 冒頭あいさつに立った飯田お練りまつり奉賛会会長の柴田忠昭飯田商工会議所会頭は「着々と準備が進んでいる。素晴らしい祭りとなるよう協力を」と呼び掛けた。

  

関連の注目記事

powered by weblio