ことしも5月に“オケ友”、22日にチケット発売開始

文化・芸能

[ 2011年 2月 10日 木曜日 15時02分 ]

 プロオーケストラと共に市民が楽しみ、学ぶ音楽祭「オーケストラと友に音楽祭」の実行委員会は8日、飯田市役所で会見を開き、ことし5月2日から5日に開催する同音楽祭の概要を発表した。

 2008年まで20年にわたって開かれた「アフィニス夏の音楽祭」の経験を生かしながら、市民が主体になって運営する音楽祭で、3回目。引き続き名古屋フィルハーモニー交響楽団(名古屋市)をパートナーに迎え、コンサートなど音楽を「楽しむ」プログラムと、プロから「学ぶ」音楽クリニック、身近なところでクラシック音楽に親しめるプログラムも用意している。

 今年度、音楽祭期間中に行われるクリニックとは別に、年間を通した発展的な試みとして、飯伊のアマチュア音楽家の演奏技術底上げを目的とした「基礎コース」を新設。名フィル団員を講師に迎え、昨年12月から日ごろの個人練習を充実させるために楽器の構え方や基礎練習、奏法、手入れ方法といった基本を学んでいる。

 企画運営委員会の井坪隆委員長は「第3回は一つの節目。次に向かうステップとして『学び』を重視している。これからもプロのオーケストラとのコラボレーションをどのようにやっていくか検討し、着実に進めていきたい」と話した。

 音楽祭期間中の名フィルによる演奏会は「ポップスコンサート」と「名曲コンサート」の2つ。ポップスコンサートは2日午後7時から、名曲コンサートは5日午後4時から飯田文化会館を会場に開催。一度は耳にしたことがあるような、おなじみの曲を取り上げる。

 名フィル団員を講師に迎え、演奏について学ぶ音楽クリニックは中学・高校生を対象とした吹奏楽コース、弦楽器のスタンダードコースと初心者コース、木管・サクソフォン・金管のアンサンブル、指揮者クリニックを用意。2月28日まで受講申し込みを受け付けている。

 事前練習は3月から実施(コースにより日程は異なる)。5月3日にクリニックの一般公開が行われ、4日午後1時から飯田文化会館で成果発表演奏会が開かれる。

 身近なところでクラシック音楽に親しめる企画としては、飯田市座光寺小学校体育館と阿智村中央公民館で開かれるコミュニティーコンサートがある。乳幼児と保護者を対象とした「にこにこステージ音楽祭スペシャル」も予定。

 地元音楽団体が街中で演奏する「そよ風☆コンサート」では、飯田交響楽団とソノール・クラリネットアンサンブルのコンサート、地元吹奏楽団のジョイントコンサートに加え、フルートアンサンブル花音とフルート・グランコラーレが初参加する。

 また音楽祭会期外に実施予定の事業として、室内楽を楽しむ演奏会「アフィニス・アンサンブル・セレクション」を6月30日に開催。飯田市で行われたアフィニス夏の音楽祭に、講師として参加経験のあるウェン=シン・ヤンさんをはじめとした、4人のチェロ奏者が出演する。

 各コンサートのチケット(全席自由)は22日から発売開始。名曲コンサート、ポップスコンサート、名フィルコンサートセット券のいずれかを購入した場合、アフィニス・アンサンブル・セレクションのチケットを一般1000円、学生500円で購入できる特典も(既定の枚数になり次第終了)。

 平安堂飯田店、座光寺店、飯田サティ店、精琴堂楽器、アピタ高森店、飯田市役所受付・飯田市内の各公民館、飯田文化会館(郵送サービスあり・別途送料500円)、阿智村中央公民館で取り扱う。

 またチケットぴあでは名曲コンサート、ポップスコンサート、名フィルコンサートセット券、アフィニス・アンサンブル・セレクションのみ取り扱う。

 名フィルコンサートと音楽クリニック、成果発表演奏会、アフィニス・アンサンブル・セレクションへの未就学児の入場は不可。託児コーナー(無料)を希望する場合、4月22日(アフィニス・アンサンブル・セレクションは6月24日)までに申し込みが必要。

 音楽祭についての問い合わせは、飯田文化会館内の実行委員会事務局(電話23・3552)へ。ホームページはhttp://www.iida―oketomo.com

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞