ふるさとコンサート開幕~身近にクラシックを

文化・芸能

[ 2012年 7月 16日 月曜日 13時22分 ]

 身近にクラシックを楽しんで―。飯田下伊那を巡回するふるさとコンサートが13日、売木村文化交流センターぶなの木を皮切りに始まった。京都市立芸術大学院卒業生4人でつくる「あやめカルテット」が子どもからお年寄りまで楽しめるクラシックを演奏。16日までの4日間で飯田下伊那9会場を巡回公演する。

 ふるさとコンサートは、身近なところでクラシックの生演奏に触れてもらおうと毎年続く、ミニコンサート。飯田市のアフィニス夏の音楽祭の音楽監督を務めた京都市立芸術大学の四方恭子さんの指導を通じて、あやめカルテットが訪れる。

 あやめカルテットは四方さんの指導を受ける4人組。いずれも演奏力には定評があるメンバーで、今後の活躍に期待が高まっている。

 売木村の会場には、小学生からお年寄りまで60人近い人々が集まった。モーツァルト作曲ディベルティメント第1番をはじめ、シューベルト作曲弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」などのクラシックの名曲を中心に演奏。リクエストコーナーもあり、大人から子どもまでが音楽を楽しんでいた。

 14日は平谷村合同庁舎、飯田市下久堅公民館、丸山小学校で、15日は三穂公民館、南信濃かぐらの湯、豊丘中学校、16日は橋北公民館、竜丘公民館で演奏する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞