りんご並木写生&動物園フォトコン作品審査

文化・芸能

[ 2013年 11月 30日 土曜日 9時52分 ]

 飯田市のりんご並木60周年を記念し、飯田商工会議所などが主催した「りんご並木写生大会」と「りんご並木&動物園フォトコンテスト」の作品審査がこのほど、同市銀座の空き店舗を利用して設けられた「銀座サロン」で行われた。

 写生大会には43点、フォトコンには63点の応募があった。この日、同サロンには全応募作品が展示され、審査員らはじっくりと鑑賞しながら各賞を決定していった。表彰式は来月7日に同サロンで開くという。

 審査に加わった飯田東中学校の壬生英文校長は、「園児や小学生をはじめ大人の方まで多くの人が参加し、りんご並木に触れていただけたことをうれしく思う」と喜ぶとともに、「りんごや並木がしっかりと描かれ、背景にも溶け込んでいる作品を選んだ」と話した。

 全作品は、同サロンで引き続き展示中。飯田商工会議所では「出品された方も、一般の方もぜひ見にきてほしい。写生大会やフォトコンの開催のみならず、多彩な作品からもりんご並木の魅力を再発見することができるのでは」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)