アンサンブル・ファンファール」が「はるコン。10」開く

文化・芸能

[ 2011年 4月 29日 金曜日 16時24分 ]

 愛好者でつくる「アンサンブル・ファンファール」(今村哲久代表、49人)の「はるコン。10」がこのほど、飯田市高羽町の飯田文化会館ホールで開かれた。今回は東日本大震災復興支援チャリティーコンサート。会場を訪れた430人が音楽を楽しみ、被災地に思いをはせた。

 演奏曲は、希望や力を与えられるようなものを選んだ。日本初演となる「Of kingdom and glory」は雄大、勇壮なイメージ。大序曲「1812」では、ドラムを大砲に仕立てて演奏するなど、工夫を凝らした演出で観客を楽しませた。

 大阪交響楽団トロンボーン副首席奏者・矢巻正輝さんを迎えたステージでは、ファンファールのアドバイザー・八木澤教司さんが矢巻さんのために作曲したという「ヴォカリーズ」を演奏。トロンボーンのソロが映える、「楽器の枠を超えて歌のように美しい曲」(矢巻さん)だ。

 プログラムの合間、今村代表は震災によってコンサートを中止させるか悩んだが「音楽の力は何よりも強い」と予定通り開催したことなどを来場者に説明。「言葉の意味は強い。歌詞の力、音楽の力として包んで届けたい」と、飯田風越高校吹奏楽部と茅野市立永明中学校吹奏楽部をコーラスに迎え、「あすという日が」を演奏した。生きることのすばらしさ、幸せや明日を信じる心を歌ったこの曲に、観客は静かに聞き入っていた。

 団員から集めた物資を被災地に届けたという今村代表は「自宅などが流された状況の中でみんな明るく前向きにやっていて、こちらが元気をもらってきた」と現地の印象を語り、「一緒に暗くなるのではなく、心の中で力強いものを持ち続けて共有したい。その後、震災から立ち直る心を持てたら」と話していた。

 会場では募金活動も行われ、多くの義援金が集まった。今村代表は27日、市社会福祉協議会を通じて18万8000円を被災地へ送った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

情感たっぷり6団体出演 三遠南信の歌舞伎交流 下條村

12月17日月曜日14:51

金メダリストの金藤さんと交流 中学生の手紙きっかけに ISC高森

12月17日月曜日14:38

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09