オケ友企画・にこにこステージ音楽祭

文化・芸能

[ 2013年 5月 3日 金曜日 13時24分 ]

 小さな子どもと子育て中の保護者のためのコンサート「にこにこステージ音楽祭スペシャル」が2日、飯田市高羽町の飯田人形劇場で開かれた。名古屋フィルハーモニー交響楽団の2人がアンサンブルを披露。会場を訪れた親子60組を楽しませた。

 5日まで開催されている「オーケストラと友に音楽祭」の一企画。本格的なクラシックや親しみやすいディズニーメドレーなど、6曲を演奏した。

 マリンバソロで幕を開けると、2人で「チャルダシュ」を演奏。ばちの素材や打ち方の違いでさまざまな小太鼓の音色が生み出される「ミニッツ・オブ・ニュース」では、演奏後に大きな拍手が送られた。

 ディズニーメドレーでは、演奏とともにヒツジやウシなど動物の鳴き声を打楽器で表現。メンバーがキャラクターに扮(ふん)する場面もあり、会場を喜ばせた。

 コンサートの最後には、実行委員の子どもたちが色紙で手作りした花をメンバーにプレゼント。「ありがとう」と笑顔で受け取ると、アンパンマンの主題歌を元気に奏で、にぎやかに幕を閉じた。

 市内から訪れた親子は「子どもは太鼓が好きで『やりたい』と言いながら聴いていた。アンパンマンもよかったみたい」と笑顔。「2人だけとは思えないくらい迫力のある演奏だった。未就学児で入れる演奏会は少ないので、次回もまた来られたら」と話していた。

 家族で楽しむことができる「コミュニティーコンサート」も3、4日の両日、高森町と市内で開かれる。3日は高森南小学校体育館、4日は龍江小学校体育館を会場に、いずれも午後7時から開催。名フィルメンバーが出演する。

 地元音楽団体による「そよ風☆コンサート」も未就学児入場可能。3日はソノール・クラリネットアンサンブルが午前11時からアピタ高森店で。5日は飯田交響楽団が午前10時半から飯田文化会館で、ファゴットアンサンブル ル・バスーノックスが午後1時半から平安堂飯田店でコンサートを開く。

 問い合わせは実行委員会事務局の飯田文化会館(電話0265・23・3552)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)