オーケストラと友に音楽祭が開幕

文化・芸能

[ 2015年 5月 4日 月曜日 8時43分 ]

 「オーケストラと友に音楽祭」が2日、飯田市で始まった。初日には、名古屋フィルハーモニー交響楽団によるコンサートを2会場で開催。午前に高羽町の飯田人形劇場で行われた、小さな子どもと子育て中の保護者のための「にこにこステージ音楽祭スペシャル」には家族連れ約200人が来場し、名フィルメンバーのアンサンブルを楽しんだ。

 オケ友ではおなじみの4人でつくる「ひとはな四重奏団」が出演。

 優美な「愛のあいさつ」で開幕すると、力強い「ハンガリー舞曲」やかわいらしい「踊る子猫」、映画の主題歌など、親しみのある多彩な楽曲を披露した。

 人気のあるアニメ主題歌の演奏では、会場の子どもたちが元気いっぱいに体を動かしたり、歌を口ずさむ場面も。親子一緒に手拍子をしながら音楽を楽しみ、終演を迎えると盛んに拍手を送っていた。

 コンサートの最後には、実行委員の子どもたちがメンバーへ手作りのペンダントをプレゼント。4人は「ありがとう」と笑顔で受け取り、子どもたちと握手を交わしていた。

 この日の午後には、名フィルによる「名曲コンサート」が飯田文化会館で開催された。

  

関連の注目記事

powered by weblio