ザ・ファイナル2017開催

文化・芸能

[ 2017年 7月 24日 月曜日 15時12分 ]

003The FINAL

 市民有志団体「イイダウエーブ」(伊藤茂雄代表)の音楽部門「ミュージック・ウエーブ・イイダ」は23日、音楽コンテスト「ザ・ファイナル2017」を飯田市吾妻町の市公民館ホールで開いた。約200人が高い実力を誇る11組のオリジナル曲を審査し、飯田風越と飯田OIDE長姫、飯田の3高校に通う男女5人で組んだバンド「スーパーあきたこまち」がグランプリを受賞した。

 スーパーあきたこまちは、ライブハウスなどで知り合った飯田風越のアギラル・マリアさん(17)と金澤朋哉さん(同)、飯田OIDE長姫の長江靖弘さん(同)、佐久間淳さん(同)、飯田の黒川芹奈さん(18)で昨年結成。竜丘の長江さん宅で練習を重ねてきた。

 演奏した「やっちゃんち」は「ほかのバンドとは一味違う、おしゃれで大人っぽく、ゆったりした曲を」と、人気バンド「サチモス」が好きな金澤さんがつくったコードをもとに一人一人が輝ける曲に全員でアレンジした。

 R&Bやソウルなどの影響を感じさせる曲は来場者の心をとらえ、準グランプリの884さん(東京)を僅差で抑えてグランプリに。審査員特別賞もボーカルのアギラルさんが受賞した。

 5人は「学校が違うので高文連の大会には出られず、この大会出場を一つの目標にしてきた。大きな賞をとれたのは皆さんのおかげ」と声を弾ませた。

 3位にあたるSBC賞を受賞したバンド「CLUTCH」の4人は「4度目の挑戦でようやく入賞できた。目標となる大会としていつまでも続けてほしい」と継続を願った。

 今年は実力のあるベテラン勢が多く、完成度の高い楽曲とハイレベルな演奏で会場を沸かせた。

 ゲスト出演した上郷黒田出身の作曲家兼プロデューサー、佐東賢一さんのバンド「ken sato Experience feat.Tarmy」のステージも、アンコールが起こるほどの盛り上がりをみせた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号