ザ・ファイナル2017開催

文化・芸能

[ 2017年 7月 24日 月曜日 15時12分 ]

003The FINAL

 市民有志団体「イイダウエーブ」(伊藤茂雄代表)の音楽部門「ミュージック・ウエーブ・イイダ」は23日、音楽コンテスト「ザ・ファイナル2017」を飯田市吾妻町の市公民館ホールで開いた。約200人が高い実力を誇る11組のオリジナル曲を審査し、飯田風越と飯田OIDE長姫、飯田の3高校に通う男女5人で組んだバンド「スーパーあきたこまち」がグランプリを受賞した。

 スーパーあきたこまちは、ライブハウスなどで知り合った飯田風越のアギラル・マリアさん(17)と金澤朋哉さん(同)、飯田OIDE長姫の長江靖弘さん(同)、佐久間淳さん(同)、飯田の黒川芹奈さん(18)で昨年結成。竜丘の長江さん宅で練習を重ねてきた。

 演奏した「やっちゃんち」は「ほかのバンドとは一味違う、おしゃれで大人っぽく、ゆったりした曲を」と、人気バンド「サチモス」が好きな金澤さんがつくったコードをもとに一人一人が輝ける曲に全員でアレンジした。

 R&Bやソウルなどの影響を感じさせる曲は来場者の心をとらえ、準グランプリの884さん(東京)を僅差で抑えてグランプリに。審査員特別賞もボーカルのアギラルさんが受賞した。

 5人は「学校が違うので高文連の大会には出られず、この大会出場を一つの目標にしてきた。大きな賞をとれたのは皆さんのおかげ」と声を弾ませた。

 3位にあたるSBC賞を受賞したバンド「CLUTCH」の4人は「4度目の挑戦でようやく入賞できた。目標となる大会としていつまでも続けてほしい」と継続を願った。

 今年は実力のあるベテラン勢が多く、完成度の高い楽曲とハイレベルな演奏で会場を沸かせた。

 ゲスト出演した上郷黒田出身の作曲家兼プロデューサー、佐東賢一さんのバンド「ken sato Experience feat.Tarmy」のステージも、アンコールが起こるほどの盛り上がりをみせた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞