センゲキシネマズで坂本頼光活弁ライブ開く

文化・芸能

[ 2019年 12月 19日 木曜日 15時31分 ]

 時代を駆け抜けた暗闇のスーパースター「活動弁士」を描いた映画『カツベン』の公開を記念する「坂本頼光活弁ライブ」(主催・千劇シネマズ、伊賀良寄席)は17日、飯田市中央通りのセンゲキシネマズで開かれた。ライブに先立って坂本さんが舞台あいさつを行い、撮影の裏側や映画への思いを語った。

 坂本さんは、現在日本に十数人しかいないという活動写真弁士(通称・活弁)。自身の活弁ライブをはじめ、海外の上映会などに参加するほか、声優、CMナレーターなど声を使った幅広いステージで活躍する。同映画では主演俳優の成田凌さんや永瀬正敏さんらの活弁指導を担当した。

 指導した主人公役の成田さんについて、坂本さんは「とても努力家で熱心に指導に耳を傾けてくれた」と話し、「100人のオーディションの中から選ばれた人だが、彼で本当によかった」と賞賛した。

 活弁シーンの撮影では、演技の良し悪しの判断を一任されたといい、「ありがたいことだが、責任重大で胃が重かった」と吐露。指導する坂本さんと受ける成田さん双方がナーバスになり「撮影に入ってからはあまり言葉を交わさなくなった」と明かした

 その後のライブでは、無声映画『血煙高田馬場』を上映。坂本さんが実際に弁士を務め、活弁を披露した。

 『カツベン』はサイレント映画が主流だった大正時代を舞台に、活動弁士を目指す青年・染谷俊太郎の恋や奮闘を描く。監督はShallweダンス?』や『それでもボクはやってない』などの周防正行さん。

◎写真説明:指導を行った弁士の坂本さんが舞台あいさつ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

傾斜地一面に1000株の花

7月11日土曜日13:24

事務所開設し活動本格化

7月11日土曜日13:49

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞