ニューヨークで常設展示 吉川優さんの日本画

文化・芸能

[ 2017年 10月 11日 水曜日 16時49分 ]

吉川優さんの「桜花爛漫図」

 阿智村伍和在住の日本画家、吉川優さん(59)の日本画作品が、9月に米ニューヨークで開館した美術館「サト・サクラ・ギャラリー・ニューヨーク」で展示されている。

 同美術館は、郷さくら美術館(四家雄二理事長)が、世界に現代日本画の魅力を紹介しようとオープン。今後はフランスにも美術館を設ける計画だ。

 コマツ福島の会長を務める四家理事長は、長年にわたり吉川さんをはじめとした現代日本画家の作品を収集し、2006年10月に福島県郡山市に同美術館、12年3月に東京中目黒に東京館をオープンした。

 ニューヨークではオープンの9月14日から、現代日本画の大作約50点を公開。吉川さんの作品は、福島県の三春夫婦桜を描いた六曲一双「桜花爛漫図」や4連作で全長36メートルの「生命礼賛」など10作品が展示された。今後も同美術館収蔵品の中から吉川さんの作品が展示のテーマごとに公開されていく。

 吉川さんは「日本人の美意識を欧米に伝える時代となり、自分の大作群が他国の人々にどう感じとられるのか興味がある。フランスでのオープンを控えており、日本画を世界画に変化させられるかと万感の思いだ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞