モモさん題材のオペレッタも

文化・芸能

[ 2020年 2月 12日 水曜日 15時54分 ]

 飯田下伊那地域の小中学校教職員による下伊那教育音楽研究会(熊谷三枝会長)の第42回発表演奏会が9日、飯田市高羽町の飯田文化会館で開かれた。5部構成で合唱や演奏などを披露。白血病のため小学6年で亡くなった、熊谷モモさんを題材にした創作オペレッタも上演した。

 混声合唱やリコーダーアンサンブル、オーケストラ演奏などを披露。童謡唱歌や歌謡曲、ポップスなど、親しみのある楽曲を取り上げた。

 創作部は、ダウン症児として生まれ、6歳で白血病を患って2015年に亡くなったモモさんを題材にしたオペレッタ「モモちゃんありがとう」を上演。モモさんが同市立松尾小2~5年生の時、校長だった北沢彰利さん(高森町下市田)が、脚本とテーマ曲の作詞を手掛けた。

 舞台では、モモさんが入退院を繰り返して苦しい闘病生活を送りながら、家族や学校の友人との時間を楽しみ、周囲に感謝を伝え続けた様子を演じた。

 最後に生前の写真を投影しながら「生まれてきてくれてありがとう」と、モモさんへの感謝を込めたテーマ曲を歌い上げ、誰もが大切な命であることを強調した。

 観客は、我慢強く治療を続けながら、周囲の人々に明るく接するモモさんの姿にじっと見入り、カーテンコールで盛んに拍手を送っていた。上演後には、テーマ曲を作曲したエレノア・シーさんによる同曲の弾き語りも行われた。

 同会は1951年「音楽同好会」として発足。音楽教育の発展と指導者の資質向上を目指して活動を続け、77年に合唱、リコーダー、創作の3部の発表演奏会を始めた。

 現在はオーケストラと電子オルガンを加えた計5部で研修を実施。2008年、下伊那教育会の公益法人化に伴い現在の名称に変更した。

◎写真説明:下伊那教育音楽研究会の発表演奏会

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞