上村下栗の伝統ゆかしく掛け踊り

文化・芸能

[ 2011年 8月 20日 土曜日 8時16分 ]

 飯田市上村下栗に伝わる国選択無形民俗文化財「下栗の掛け踊り」は15日午後、地区の拾五社大明神で行なわれた。これは雨乞いを祈願する祭りとして約400年の伝統がある。

 踊り手は、浴衣、もも引きと鉢巻き、たすき掛けをした太鼓の打ち手、持ち手2組と棒振り2人、菅笠をかぶり、緋(あか)の衣を着た小学生以下4人の子女郎(こじょろう)の計10人。

 まず、禰宜(ねぎ)や氏子役員らによる神事を行ない、そのあと「東西、東西お鎮まれ」で始まる13番までの雨乞い唄を氏子衆の笛と鉦(かね)の音に合わせ唄った。

 大人たちは飛び跳ねるようにして太鼓をたたき、少女らは笠につけた紙垂れを優雅に揺らしながら踊り、30人ほど訪れた見物客からさかんな声援を受けた。

 この踊りは戦後途絶えた時もあったが、住民有志が復活させ保存会も結成し40年目。ことしはこの日の夜、半月ぶりの雨がふり「ご利益がありました」と禰宜の胡桃沢三郎さん(69)は喜んで話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞