上清内路奉納煙火 伝統技法に歓声

文化・芸能

[ 2011年 10月 8日 土曜日 14時19分 ]

  阿智村清内路の上清内路諏訪神社で6日夜、秋季例祭が行われ、280年の伝統を誇る県無形民俗文化財の手作り花火が奉納された。

 花火の製造資格を持つ上清内路煙火同志会(櫻井信和会長)の六十数人が3組に分かれ、1カ月を費やして準備した仕掛け花火やスターマインの原型「棚火」に次々と点火し、住民や招待者約1000人を魅了した。

 フィナーレの大三国は、静岡県浜松市からIターンして4年目になる男性が棟梁を担当し、仲間と作った大三国は「ほれぼれするような素晴らしさ」と先輩から絶賛された。若い同志会員たちは、長い竹から勢いよく吹き出す火の粉を全身で浴び、威勢よくきおって喝采を浴びた。

 上清内路の手作り花火に魅了され、担い手になろうとIターンを決めた男性は「感無量。みんなに助けられ、なんとかやり遂げた」と感激した様子で話していた。

 仕掛け花火のオープニングを飾る幻想的な仕掛け「葡萄(ぶどう)」の製造には、“名人”が十数年ぶりに参加し、伝統技法を駆使して幻想的な青紫を表現。名物の一つだった「ピノキオ」の空中散歩も、数年ぶりに復活した。

 地元の知人に招かれ、初めて鑑賞した男性=東京都=は「至近距離で見る花火の迫力とスピード、火薬の匂いに感動した」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞