下條出身・でこさんが全国デビューへ

文化・芸能

[ 2017年 7月 15日 土曜日 13時23分 ]

003shimojo

 下條村陽皐出身のシンガーソングライター、でこ(本名・篠田真悠香)さん(25)=山梨県富士吉田市=が、スローライフの楽しさを歌うシングル「田舎暮らしのうた」で8月23日に全国デビューする。

 飯田風越高校時代からフォークソング部で作詞作曲を始め、都留文科大では軽音楽部でのコピーバンド活動を経て、ライブハウスで弾き語りを始めた。

 高校時代に飯田の音楽コンテスト「ミュージックウエーブイイダ ザ・ファイナル」で入賞を逃し、挫折感を味わったが、山梨では島村楽器主催オーディション「ホットライン」と「ヤマハミュージックレボリューション」で山梨グランプリを受賞。一躍注目される存在となった。

 スローライフの魅力を伝え、田舎暮らしを応援するシンガーソングライターというコンセプトは、田舎を感じさせる作風に着目した所属事務所(東京)の提案によるもの。1年ほどかけて曲作り、レコーディングをしてきた。

 都会に住む20代の4割近くが興味を示しているといわれる中、レコード会社による前宣伝も功を奏して多くの出演依頼があり、今月は東京や山梨、地元下條村、清里などのステージに立つ。

 今後は音楽活動に専念し「全国各地を回って田舎暮らし、地方創生を応援したい」とでこさん。立ち居地の面白さから、音楽以外にも活躍の場が広がる可能性がありそうだ。

 第1弾シングルは飯田では平安堂で販売。ネット通販、全国のCDショップでの取り寄せ購入もできる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「新しい学校生活」導入し

6月1日月曜日16:13

学生103人が事前登録

6月1日月曜日16:34

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞