下條村文化の祭典で歌舞伎公演 名演に拍手とおひねり

文化・芸能

[ 2015年 11月 26日 木曜日 11時34分 ]

 下條村文化の祭典は23日、同村コスモホールで開き、伝統の下條歌舞伎が上演されたほか、村内のグループによる展示や演芸発表、チャリティバザーなどが行われ、多くの村民でにぎわった。

 文化の祭典は村文化協会主催の文化祭で、村内で活動する個人や団体が成果を発表する場として定着している。

 ことしも陽皐菊酔会のメンバーらが丹精込めて育てた菊をはじめ、水石展示や書道、写真、水墨画など各クラブの多彩な活動を公開。吹奏楽や詩吟、舞踊、コーラス、カラオケなどの芸能発表も行われた。

 歌舞伎公演では、村内で活動する子ども歌舞伎教室や中学校歌舞伎クラブ、下條歌舞伎保存会がそれぞれ上演。このうち第一幕の子ども歌舞伎教室は「寿曾我対面 工藤館の段」を披露した。

 伊豆の国赤沢山で工藤左右衛門祐経のために最期を遂げた河津三郎祐康の子、曽我十郎と弟曽我五郎兄弟が、父の敵工藤を討たんと苦心する物語を、子どもたちがりりしくまた可愛らしく演じ、拍手とともにおひねりが飛んでいた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞