下清内路で奉納煙火

文化・芸能

[ 2013年 10月 17日 木曜日 9時50分 ]

 阿智村清内路の下清内路諏訪神社と建(たて)神社で13日夜、秋季祭典があった。県無形文化財の手作り花火が奉納され、連休を利用して県内外から訪れた約600人を楽しませた。

 下清内路煙火有志会の25人は、8月下旬から自分たちで製造した花火を、境内の3カ所に設けた伝統の囲櫓(かこいやぐら)に取り付け、打ち上げ花火に続いて次々に点火した。

 鉄線を走る「綱火」から、回転する「火車」「花傘」「大噴水」に火が伝わり、爆音とともに火の粉を吹き上げると、境内は大きな歓声に包まれ、「大三国」では有志会員が全身で火の粉を浴びながら「オイサ、オイサ」の掛け声とともにきおった。

 ことしは阿部守一知事も「丹精込めて作った花火を鑑賞したい」と神社を訪れ、「これからも素晴らしい地域づくりを進めてほしい」とマイクを使ってあいさつした。

 連休を利用して愛知県から訪れ、初めて目にしたという若い男女は「住民が手作りで280年近く続けているとは驚き。迫力がすごい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞