下清内路で奉納煙火

文化・芸能

[ 2013年 10月 17日 木曜日 9時50分 ]

 阿智村清内路の下清内路諏訪神社と建(たて)神社で13日夜、秋季祭典があった。県無形文化財の手作り花火が奉納され、連休を利用して県内外から訪れた約600人を楽しませた。

 下清内路煙火有志会の25人は、8月下旬から自分たちで製造した花火を、境内の3カ所に設けた伝統の囲櫓(かこいやぐら)に取り付け、打ち上げ花火に続いて次々に点火した。

 鉄線を走る「綱火」から、回転する「火車」「花傘」「大噴水」に火が伝わり、爆音とともに火の粉を吹き上げると、境内は大きな歓声に包まれ、「大三国」では有志会員が全身で火の粉を浴びながら「オイサ、オイサ」の掛け声とともにきおった。

 ことしは阿部守一知事も「丹精込めて作った花火を鑑賞したい」と神社を訪れ、「これからも素晴らしい地域づくりを進めてほしい」とマイクを使ってあいさつした。

 連休を利用して愛知県から訪れ、初めて目にしたという若い男女は「住民が手作りで280年近く続けているとは驚き。迫力がすごい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08

夏に向け「さっぱり」

5月19日火曜日15:53

県外から多くの人出

5月18日月曜日16:05








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞