丘の上秋祭りも最終盤、長姫神社で秋季祭典

文化・芸能

[ 2010年 9月 21日 火曜日 15時09分 ]

 御三霊の名で親しまれる飯田市追手町の長姫神社秋季祭典宵祭りは18日、同社一帯で盛大に繰り広げた。夜空に大輪が咲き誇るなか、各町みこしが勇壮なきおいを繰り広げ、7月にスタートした中心市街地“丘の上”の神社祭りも最終盤を迎えた。

 飯田城主3氏を祭ってあることから「御三霊」と呼ばれる同祭り。氏子は城下町にあたる橋南、橋北の一部地域の住民で、飯田の中心市街地の大部分を擁している。

 絶好の祭り日和となったこの日、早朝の打ち上げ花火「暁の轟」で祭典は開幕。午後1時に同神社で安全祈願祭を執り行った後、小若連のきおいがスタートした。知久町4、上・下殿町の「敷島」と年番の主税町、長姫町の「主税・亀甲」が参加して、笛を吹いたり太鼓をたたいたりと、可愛らしい担ぎ手たちが同神社に集合した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞