中村八幡社の狛犬一対を文化財に指定

文化・芸能

[ 2020年 1月 17日 金曜日 15時36分 ]

 飯田市教育委員会は16日、中村八幡社(同市中村)の石造狛犬(こまいぬ)一対を市有形文化財に指定した。

 1678(延宝6)年制作の石造狛犬は阿形(あぎょう)、吽形(うんぎょう)の一対。阿形像は長さ71・5センチ、幅28センチ、高さ46・5センチ、吽形像は長さ72センチ、幅27センチ、高さ48・5センチ。背面には年代と寄進者を示す刻銘がある。

 襟毛、歯、目を線刻するほか耳が立ち、鼻孔も確認できる。阿形の顔は真正面を向き、吽形はやや右に傾けている。像の表面に風化が見られ、台座は現在コンクリートで固定されている。

 鳩ケ嶺八幡宮の石造狛犬(1743年)や郊戸八幡宮の石造狛犬(1818年)と比べ、どちらも寸胴で前足が短く、前方にかがむような低い姿勢が特徴的だ。

 市文化財審議委員会の答申を受けたもので、文化審は制作年が判明する石造狛犬としては市内最古とみて、県内でも古い石造狛犬の一つ―と評価した。

 中村八幡社は1660年に社殿が造営された。その後、1701年に再建されたものが現在の本殿とみられる。江戸時代前期の本殿と狛犬が一体となって伝えられている例は市内にはなく、文化審は「江戸前期の神社の様相を伝えるものとして貴重」とした。

◎写真説明:石造狛犬の阿形と吽形

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞