人形劇フェスタが閉幕~熱気に満ちた6日間に~

文化・芸能

[ 2013年 8月 14日 水曜日 13時05分 ]

 飯田市を中心に開かれた「アジア人形劇フェスティバル いいだ人形劇フェスタ2013」が11日、6日間の日程を終えて閉幕した。国内外からおよそ380劇団が訪れ、約500ステージを展開。夕方には劇人やスタッフが集まってお別れパーティーを開き、来年の再会を誓った。

 ことしはフェスタ15周年、前身の「人形劇カーニバル飯田」から通算35年目を迎えることを記念し、「アジア人形劇フェスティバル」を併催。アジア5カ国から11劇団が参加し、各ステージを展開した。他、アジア4カ国の劇人が共同制作に取り組んだ「アジアの人形劇・相互交流ワークショップ」や、日本、台湾、韓国の人形劇フェスティバル推薦団体による「東アジア三大人形劇フェスティバル交流公演」など、さまざまな企画が行われた。

 10日は中心市街地が歩行者天国となり、人形劇の路上公演や大道芸、ダンス、和太鼓演奏などが行われた。多くの人々でにぎわい、プロのパフォーマンスや各商栄会の企画したイベントを楽しんだ。

 夕方には子どもや学生、社会人、プロの劇人が人形を持って練り歩く「わいわいパレード」が中央通りで行われ、約60団体が参加。パフォーマンスを披露したり、人形を通じて沿道の人々と触れ合った。

 11日には劇人やボランティアスタッフら約440人が参加し、同市錦町のシルクホテルでお別れパーティーが開かれた。「平等国民小学巧宛然掌中劇団」と「ヤクシャガーナ人形劇場」による実演が行われたり、各国の劇人がステージに集って歌とダンスを披露するなどして会場を盛り上げた。

 高松和子実行委員長は「ことしはアジア各地から劇団を招くことができ、熱気に満ちた6日間だった。これからも回を重ね、カーニバルとあわせて100回まで成長していくことができたら」と語った。

 初めてフェスタで公演を行った「真雲林閣掌中劇団」の団長(36)は「日本の観客は感情をあまり表さないが、盛んに拍手を送ってくれたのでよかった。飯田は山があって水がきれい。清潔で素晴らしいところ。来年もぜひ参加したい」と笑顔を浮かべた。

 パーティーの最後には、全員でフェスタテーマソング「僕たちのフェスタ」を合唱。ステージ上や周辺に出席者が集まり、会場が一体となって大きな盛り上がりの中で閉幕した。

 来年のフェスタは8月7―10日、4日間にわたって開催される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34