人形劇フェスタが開幕

文化・芸能

[ 2018年 8月 3日 金曜日 15時37分 ]

人形劇団どむならんの公演

 日本最大の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」(フェスタ実行委員会、飯田市、市教委主催)が3日、飯田市で開幕した。ことしはフェスタ20周年、前身の人形劇カーニバルから通算40周年を迎えることを記念し、世界人形劇フェスティバルを同時開催。約300劇団が12日までの10日間、飯田下伊那各地で600ステージを繰り広げる。

 初日には、高羽町の飯田文化会館でオープニングセレモニーを開いた。ことしのポスターを描いた鼎小1年の杉本和香奈さん(6)がステージに登場してタクトを振ると、スクリーンに人形たちの絵が現れてポスターの映像に。

 会場には、人形劇や自分の好きな物をテーマに、飯伊の園児や児童から寄せられた300枚の絵がプロジェクションマッピングで投影された。

 あいさつに立った原田雅弘実行委員長は40年の歩みを振り返り「見る、演じる、支える人皆が主役になれるものにしたいと始まった。主役とは、いっぱい笑ったり泣いたり感動できた人。10日間でそういう劇を見つけて家族で語り合い、主役になれるよう参加を」と呼び掛けた。

 海外の参加劇団28団体の紹介に続いて、オープニング公演を開催。「人形劇団どむならん」(三重県)が、ことし5月に亡くなった飯田ゆかりの絵本作家、加古里子さん原作の「てんぐとかっぱとかみなりどん」を上演した。

 三味線や和太鼓などの演奏とともに、言うことを聞かない「どむならん子」のとうへいが活躍するお話の世界を繰り広げ、観客を楽しませた。

 フェスタ期間中は飯田文化会館と飯田人形劇場、飯田市公民館をはじめ各地の公民館や学校、保育園など飯伊地域のさまざまな会場で公演が繰り広げられる。多くの公演は参加証ワッペンで見ることができる。

 参加証ワッペンは3歳以上700円で、全公演共通。公演会場でも販売している。

 5日午後2時半から「人形劇のまち飯田」が生まれて40年を記念するセレモニーを飯田文化会館で開催。8日午後7時からは記念シンポジウムを吾妻町の市公民館で開く。

 フェスタ期間中の問い合わせは本部インフォメーション(電話0265・23・0321)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)