人形劇フェスタとりんごん総合プログラム完成

文化・芸能

[ 2013年 7月 11日 木曜日 9時48分 ]

 8月6―11日に飯田市で開催される「アジア人形劇フェスティバル いいだ人形劇フェスタ2013」と、8月10日に開かれる「飯田まつり第32回飯田りんごん」の総合プログラムがこのほど完成し、9日に市内各戸への配布が開始された。

 人形劇フェスタのページでは、特集や6日間の主な公演、催しをカラー写真入りで紹介するとともに、公演プログラム(6月26日現在、変更の場合あり)を掲載している。

 りんごんについては、6月末現在での参加連や交通規制、市街地の各商栄会が主催するイベント「ふれあいアップルタウン2013」を紹介している。ことしの参加連は125団体で、9300人余が参加する見込み。

 ふれあいアップルタウンでは、特別企画として市産業親善大使・おぐねーによるトークショーが午後2時から、飯田信用金庫本店2階会議室で行われる予定。

 A4判、16ページ。6万5000部作り、市内各戸へ配布するほか、飯田文化会館などに置いている。

 人形劇フェスタの7月4日現在の参加劇団数は353劇団(昨年340劇団)。このうち約260劇団が、市内外の約120会場で約500ステージの公演を行う。

 フェスタ参加証ワッペン(3歳以上700円)と有料公演チケットは発売中。一部のチケットには売り切れも出ており、事項委員会では早めの購入を呼び掛けている。

 人形劇フェスタについての問い合わせは飯田文化会館内の実行委員会事務局(電話0265・23・3552)、りんごんについては、市産業経済部観光課内のりんご並木の街飯田まつり協議会事務局(電話0265・22・4851)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから






NEW!南信州新聞社特別ツアーのご案内











スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞