人形劇フェスタ開幕 6日間で450ステージ

文化・芸能

[ 2015年 8月 5日 水曜日 12時39分 ]

 「いいだ人形劇フェスタ2015」が4日、開幕した。ことしのテーマは「見る 観る 魅入る」。およそ320劇団が参加。飯田市を中心に、9日までの6日間で約450ステージが上演される。初日は約20公演が行われ、多くの観客でにぎわった。

 初日トップで上演されたのは、飯田のアマチュア劇団「ぱぺっと・どらら」と、「総合工作芸術家だるま森+えりこ」(兵庫県)の合同公演企画「だるま森とぱぺっと・どららのダルドラまつり~☆」。

 ぱぺっと・どららはパネルシアターで親しみのあるお話2作品を上演した。「はらぺこあおむし」では、あおむし君がさまざまな食べ物を次々と平らげる様子に、子どもたちは大笑い。最後に華やかなチョウの姿に変わると、会場からは拍手や歓声が起こった。

 だるま森は、第6回日本人形劇大賞銀賞受賞作品「音曲人形芝居 つき豆ダンゴだるま森」を上演。劇中に登場するシェーカー作りのワークショップや舞台裏見学も行った。

 ことしのフェスタは、昨年の北海道に続く地域特集の第2弾として、愛知県を取り上げる。愛知で活躍するプロ・アマの劇団が多数参加。先進的な表現活動や、新たな才能を発掘するための取り組みを紹介する公演など、多彩なプログラムを企画している。

 飯田文化会館や飯田人形劇場、各地区公民館、学校、保育園など、飯田下伊那各地で公演が繰り広げられる。多くの公演はフェスタ参加証ワッペンで鑑賞可能。ワッペンは3歳以上700円で、全公演共通。公演会場でも販売している。

 フェスタ期間中の問い合わせは本部インフォメーション(電話0265・23・0411)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30