人形劇フェス中止に

文化・芸能

[ 2020年 4月 28日 火曜日 16時40分 ]

 国内最大級の人形劇の祭典「いいだ人形劇フェスタ」を巡り、実行委員会(原田雅弘委員長)は28日、新型コロナウイルスの感染拡大で、8月6~10日に開催予定だった人形劇フェスタ2020の中止を発表した。フェスは前身の「人形劇カーニバル」を含め今年で42回目の予定だった。

 実行委によると、これまで2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響で規模を縮小した年はあるが、中止は初めて。

 原田委員長は「こんな状況だからこそ、人形劇の力が求められる」として、事態の推移を注視しつつ開催の可能性を探ってきたものの「事態は予想を超えて厳しい」と指摘。「この夏に参加者の健康と安全を確保できる環境を整えるのは難しい」と判断した。

 一方で、「人形劇のまち飯田」としてできることを考えたい意向。現段階では固まっていないとした上で「フェスタ2020に向けた皆さんの思いと力、知恵を借りられたら」と呼び掛けた。

 牧野光朗市長は「苦渋の決断をした実行委員の思いを、市としても受け止めたい」と述べた。

 今年はイギリスや韓国、台湾、ブラジルなど海外の7つの国・地域を含む300以上の劇団が参加する予定だった。

 昨年は周辺の町村と合わせた145会場で計446ステージを上演した。昨年の観劇者数は延べ3万4870人。実行委によると、毎年4万人前後が参加するイベントとして定着していた。

◎写真説明:会見で発表する原田実行委員長

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞