人形芝居4座の中学生らがプロから所作を習う

文化・芸能

[ 2010年 9月 8日 水曜日 15時13分 ]

 伊那谷に残る人形芝居4座の伝承に努める4中学の生徒らが一堂に会する「第9回 伊那谷伝統人形浄瑠璃中学生サミット」が5日、飯田市上郷黒田の黒田人形浄瑠璃伝承館で開かれた。4座の座員や中学生ら合わせて約100人が参加。本場の淡路人形座(兵庫県南あわじ市)からプロの座員3人を講師に招き、人形の歩き方や頭(かしら)の所作など直接指導を受けたほか、活動報告などで交流を深めた。

 参加したのは黒田人形(飯田市上郷黒田)を伝習する高陵中、今田人形(同市龍江)の竜峡中、早稲田人形(阿南町早稲田)の阿南第一中、古田人形(上伊那郡箕輪町)の箕輪中の、4つの中学校。毎年持ち回りで、ことしは高陵中が当番校となった。

 人形遣いでは男の足の動きがポイントとなる。出る方が4割、引く方は6割。特に引き足が重要で、引いた足は絶対に曲げないのが鉄則だ。淡路人形座の座員は、一回り大きいのが特徴とされる人形を実際に遣いながら「足遣いが頭(かしら)遣いの動きをある程度予測していく」などと、専門的な技術を伝授していた。

 生徒らに各人形を持たせ、グループごとに「移動」の指導をする場面では、座員が「頭を見てこの人形はどんな役なのかを考える。一番大事なのは立ったり、坐ったり、歩いたりの所作。あとは目線を合わせること」とアドバイス。生徒らは真剣な表情で、自分が遣う人形に動きを与えていた。

 指導の後、淡路人形座が特別に「伊達娘恋緋鹿子 お七火の見櫓の段」を実演。参加者らはプロの妙技に酔いしれた。昼食を挟んで高陵中の実演や、各学校の活動報告などがあった。

 授業や部活の時間に人形芝居にかかわる生徒らにとって、プロの指導を直接受けられるのは貴重な体験。伊那人形芝居保存協議会の柴登巳夫会長(66)は「どこの人形座でも後継者不足に悩んでいる。この中から地元の人形芝居を継続してくれるような人が、1人でも出てきてくれればうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞