人形芝居4座の中学生らがプロから所作を習う

文化・芸能

[ 2010年 9月 8日 水曜日 15時13分 ]

 伊那谷に残る人形芝居4座の伝承に努める4中学の生徒らが一堂に会する「第9回 伊那谷伝統人形浄瑠璃中学生サミット」が5日、飯田市上郷黒田の黒田人形浄瑠璃伝承館で開かれた。4座の座員や中学生ら合わせて約100人が参加。本場の淡路人形座(兵庫県南あわじ市)からプロの座員3人を講師に招き、人形の歩き方や頭(かしら)の所作など直接指導を受けたほか、活動報告などで交流を深めた。

 参加したのは黒田人形(飯田市上郷黒田)を伝習する高陵中、今田人形(同市龍江)の竜峡中、早稲田人形(阿南町早稲田)の阿南第一中、古田人形(上伊那郡箕輪町)の箕輪中の、4つの中学校。毎年持ち回りで、ことしは高陵中が当番校となった。

 人形遣いでは男の足の動きがポイントとなる。出る方が4割、引く方は6割。特に引き足が重要で、引いた足は絶対に曲げないのが鉄則だ。淡路人形座の座員は、一回り大きいのが特徴とされる人形を実際に遣いながら「足遣いが頭(かしら)遣いの動きをある程度予測していく」などと、専門的な技術を伝授していた。

 生徒らに各人形を持たせ、グループごとに「移動」の指導をする場面では、座員が「頭を見てこの人形はどんな役なのかを考える。一番大事なのは立ったり、坐ったり、歩いたりの所作。あとは目線を合わせること」とアドバイス。生徒らは真剣な表情で、自分が遣う人形に動きを与えていた。

 指導の後、淡路人形座が特別に「伊達娘恋緋鹿子 お七火の見櫓の段」を実演。参加者らはプロの妙技に酔いしれた。昼食を挟んで高陵中の実演や、各学校の活動報告などがあった。

 授業や部活の時間に人形芝居にかかわる生徒らにとって、プロの指導を直接受けられるのは貴重な体験。伊那人形芝居保存協議会の柴登巳夫会長(66)は「どこの人形座でも後継者不足に悩んでいる。この中から地元の人形芝居を継続してくれるような人が、1人でも出てきてくれればうれしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

観光やスポーツで活性化

9月29日火曜日15:30

高校生目線で直接質問

9月29日火曜日15:01

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞