伊豆木八幡宮で鯖ずしを奉納

文化・芸能

[ 2011年 10月 9日 日曜日 8時33分 ]

 飯田市伊豆木の伊豆木八幡宮で7日、「鯖(さば)ずし祭り」の異名をとる秋季大祭宵祭りが行われ、サバの姿ずしと仕掛け花火、大三国を奉納した。各家庭でもサバのちらしずしを食べて、無病息災などを願った。

 12代270年にわたって伊豆木を治めた小笠原氏が、領土の安泰や戦の勝利を祈願して奉納したのが始まりとされ、鯖ずしは郷土料理、行事食として地域に根付いている。2000年には県の無形民俗文化財に指定された。

 氏子総代は、三穂小学校やまちづくり委員会の代表者ら来賓を迎え、午後5時から神事を挙行。一般も見学する中、秋サバに酢飯を詰めて作った鯖ずしをお神酒、餅などの供え物とともに奉納し、切り分けて直会(なおらい)で味わった。

 8日は本祭りを行い、結婚や子どもの誕生を報告する初参りをしたほか、地元小学生による「浦安の舞」の奉納もあった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞