伊豆木八幡宮で鯖ずし祭り

文化・芸能

[ 2015年 10月 9日 金曜日 9時08分 ]

 飯田市伊豆木の伊豆木八幡宮(伊東昌美宮司)で7日、「鯖(さば)ずし祭り」ともいわれる秋季大祭宵祭りが行われ、鯖の姿ずしと神前花火、大三国を奉納した。各家庭でもサバのちらしずしを食べ、無病息災と豊作などを願った。

 12代270年にわたって伊豆木を治めた小笠原氏が、領内の安泰や戦の勝利を祈願して奉納したのが始まりとされる。郷土料理や行事食として地域に根付いた鯖ずしは、2000年に県の無形民俗文化財に指定された。

 氏子総代は地区内の役員らを来賓に迎え、午後6時から神事を執り行った。脂が乗った身厚な秋サバに酢飯を詰めた鯖の姿ずしをお神酒、餅などの供え物とともに奉納。祭典後の直会(なおらい)では供えた姿ずしを切り分けて味わった。

 氏子総代長の今村确一さんは「鯖ずしは江戸時代から続く地域の伝統。末永く守り続けていきたい」と語った。

 同日は、境内で氏子青年団による売店やヨーヨーすくい、くじ引きなどの催しが繰り広げられ、子どもから大人まで多くの氏子でにぎわった。境内では仕掛け花火や大三国も奉納された。氏子青年団長の林龍弥さんは「物騒な事件の後で心配していたが、ことしも地区の大勢の子どもたちが来てくれた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

食を通して村を知る

5月30日土曜日13:12

自粛の市民活動再開へ

5月30日土曜日13:03

下條産リンゴ使ってます

5月29日金曜日15:46

伴野運動公園リニューアル

5月29日金曜日15:29

手摘みの茶で遠山郷PR

5月28日木曜日15:33

「中心市街は回復遅い」

5月28日木曜日15:31

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞