伝統受け継ぐ手作り花火 上清内路で作業始まる

文化・芸能

[ 2014年 9月 5日 金曜日 11時26分 ]

 阿智村上清内路で煙火同志会による花火作りが1日から始まった。地区内で3つの組に分かれ、それぞれの担当する仕掛け花火にあわせ、約1カ月間かけて炭や硫黄、硝石を混ぜて火薬を作る。下清内路でも煙火有志会による花火作りが行われ、上清内路は10月6日、下清内路は同12日に手作り花火を奉納する。上清内路は入場制限がある。

 上清内路中心部の近くの山際の作業場とふるさと村自然園せいなの森キャンプ場近くの2カ所で、連夜、火薬の製造や取り扱いの免許を持つ会員らが仕事終わりに集まり「すり」と呼ばれる作業に汗を流している。

 このうち3組は、紫色の色が特徴の「ぶどう」や古式スターマインの「棚火」などを担当。焼いた炭を細かく砕いて粉状にし、仕掛けの種類や花火の勢いごとに細かく配合を調節する。

 炭と硝石、硫黄を混ぜ合わせる「すり」という作業は、下清内路では薬研(やげん)という道具を使うが、上清内路ではすり鉢と大きな木の棒のみを使うのが特徴だ。

 火薬の性質が均一になるよう交代で丹念にすりつぶしていく。この作業だけに2週間を費やすという。その後は火薬を詰める竹筒の準備や仕掛けの補修などを手がけていく。

 花火の製造に加わって5年目だという男性(31)は「小さいころから花火を見てあこがれていた。今月結婚するので毎日は出られないかもしれないが、伝統の花火をしっかり受け継いでいきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

車上検査の実演を公開

5月27日水曜日15:40

実付き良好 笑顔広がる

5月27日水曜日15:22

天龍中で待望の「泳ぎ初め」

5月26日火曜日15:50

地域の貴重な植物守ろう

5月26日火曜日15:42

小中学校が「一斉登校」再開

5月25日月曜日15:43

「外来・検査センター」開設

5月25日月曜日15:38

飯伊でもマスク需要変化

5月23日土曜日14:17

平谷シニアも作業

5月23日土曜日13:55

音楽文化どう守るか

5月22日金曜日15:50

ヤギで「除草」「動物園」

5月22日金曜日15:55

影響受ける地元事業者支援

5月21日木曜日15:08

おいしいメンマ期待し

5月21日木曜日15:32

地元シードル「より大勢に」

5月20日水曜日15:15

コロナに負けず頑張ろう

5月20日水曜日15:42

全業種対象に給付金

5月19日火曜日15:08








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞