信濃比叡広拯院で火渡り護摩

文化・芸能

[ 2011年 2月 15日 火曜日 11時56分 ]

 天台宗開祖・最澄ゆかりの信濃比叡広拯院(村上光田住職、阿智村智里園原)で11日、恒例の火渡り護摩が行われた。僧侶に続いて厄年の人など一般が、願をかけながら熾(おき)の上をはだしで歩いた。

 火渡り護摩は天台宗の荒行の一つで、最澄とのつながりをアピールしようと、奉賛会と昼神温泉郷の旅館などで組織する実行委員会が毎年開催。雪の影響を受けたものの、200人前後が集まった。

 修験者のいでだちをした僧侶は、太鼓に合わせた読経に続いて四方に矢を放つと、うずたかく積んだスギの葉に点火。村内外から寄せられたお札と護摩木を投げ入れ、ほぼ燃え切ると熾を平らにならした。

 僧侶たちが気合の入った声を上げながら、まだ赤い熾の上を大またで力強く歩いたのに続き、一般も次々に挑戦。手のひらを合わせて厄除けや健康などを祈りながら、僧侶の足跡が付いた場所を歩き、お札と縁起物の餅を受け取った。

 「火渡りをすると健康で暮らせる気がして、4年前から毎年参加している」という松川町の70代女性は「足は大丈夫です。いい年になるようお願いして渡りました」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞