元善光寺で御開帳を終える結願大法要

文化・芸能

[ 2015年 6月 2日 火曜日 8時56分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺(本多秀賢住職)は31日、御開帳の終わりを告げる「結願(けちがん)大法要」を営んだ。前立本尊が安置された厨子の扉が閉められ、4月5日から57日間にわたった御開帳の全日程を締めくくった。

 丑、未年に開く7年に一度の盛儀。期間中は前立本尊が安置された厨子の扉が開かれ、本尊と「善の綱」で結ばれた高さ6メートルの回向柱の前で全国各地から約33万人の「善男善女」が参拝した。

 この日の午後4時から、同寺の本多住職ら5人の僧侶が回向柱の周りで般若心経などを唱え、本堂に移って大法要を行った。

 厨子が閉められたのは午後4時35分頃。その瞬間、手を合わせて見守っていた多くの参拝者からは「あー閉まっちゃった」など惜しむ声が漏れた。

 その後、右手と回向柱とを結ぶ「善の綱」もほどかれた。

 本多住職は「全国の善光寺の同時御開帳の影響もあったが、県内外から多くの方に足を運んでお参りしていただくことができた。皆さまにご利益があれば」と話していた。

 次回の御開帳は2021年に行われる予定だ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30