元善光寺で菊人形・菊花展始まる

文化・芸能

[ 2011年 10月 21日 金曜日 15時05分 ]

 飯田市座光寺の元善光寺菊人形館で20日、元善光寺菊華会(会長・本多秀賢住職)による「菊人形・菊花展」が始まった。昨年、座光寺地域自治会などの働きかけにより復活を果たした「座光寺音頭」をモチーフとした作品に加え、毎年好評の童謡シリーズなど計5つの場面が、色鮮やかな小菊で飾られたかわいらしい人形で表現され、訪れた人の目を楽しませる。

 展示されているのは、座光寺音頭、七夕、荒城の月、里の秋、赤トンボの5場面。ことしは、台風の影響などにより菊の生育が遅れており、例年15日より開催してきた同展も5日遅れてのスタートとなった。それでも、地元で育てられた多彩な色の小菊を中心に、人形1体当たり約200―300本を使用(全11体)し、華やかな空間を演出している。

 本多住職は「90年近い歴史を持つ菊人形展。今できる精いっぱいのことを行い、今後さらに発展させていきたい」と話していた。

 元善光寺の菊人形展は、1925(大正14)年、元善光寺駅前通りの開通を祝い、駅前広場に安来節の菊人形が飾られたのが始まり。26年に座光寺商工会などによって劇場が建築されると、38年に同劇場が取り壊されるまで、大掛かりな菊人形飾りが行われた。その後61年に元善光寺菊華会が再編成され、36年間にわたり興行を継続。96年に中断されたが、98年、復活を望む多くの声を受け再開を果たした。

 開館時間は午前9時から午後5時。展示は11月15日まで行われる。入場は無料。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞