全国奴まつりに大名行列が参加

文化・芸能

[ 2012年 9月 21日 金曜日 9時59分 ]

 山形県河北町で17日に開催された「第6回全国奴まつり」に本町三丁目大名行列保存会(大島明会長)が参加し、県外では93年ぶりに行列を披露した。「東日本大震災の被災地東北に、少しでも元気を」との思いから参加した同会のメンバーら。35人の役者、10人のスタッフ一人一人が、心を込めた精いっぱいの演舞を披露し、集まった多くの観客を魅了した。20日、飯田市役所を訪れ牧野光朗市長に参加の報告をした大島会長は、「多くの人に喜んでいただくことができた」と胸を張った。

 全国奴まつりは、地元河北町の「谷地奴」に加え、毎年、全国各地から大名行列を行う3団体を招いて開催する。ことしは同保存会のほか、宮城県大崎市の「稲葉大名行列保存会」、愛知県刈谷市の「寺横町奴会」が招かれ、それぞれに特徴的な行列を披露した。

 大島会長によると、他の団体の行列は、各地の氏神を祭る祭礼が起源になっており、江戸時代の参勤交代スタイルの行列は同保存会のみという。このため、観客をはじめ、各団体の関係者などからは、「所望など初めてみる所作ばかり。本物の大名行列を見ることができた」と感嘆の声が上がったという。

 また、小浜藩、仙台藩、姫路藩などの大藩が実際に参勤交代に使用したとされる諸道具を使っての、華やかで勇壮な行列は観客を魅了。豪快な毛やりの投げ合いや、草履を高々と投げ上げてのキャッチなどでは、会場を大いに沸かせた。

 大島会長は「先人が受け継いできてくれた参勤交代スタイルの行列が、どれほど価値のあるものかをあらためて感じることができた。今後、更に継承していくという使命感が強くなった」と話していた。

 報告を受けた牧野市長は「東北の人たちの元気付けになったと思う。保存会の皆さんの活動に報いるため、市としても今後の保存、継承を支援していきたい」とねぎらった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52