創作神楽でコロナばらい

文化・芸能

[ 2020年 11月 30日 月曜日 16時20分 ]

 創作神楽の刀で新型コロナウイルス感染症を断ち切ろうと、阿智村浪合小学校の6年生が11月28日、浪合地区に伝わる尹良(ゆきよし)親王の伝説を題材にした創作神楽を村浪合振興室前の中庭で披露した。

 創作神楽は2年次から浪合神社の例大祭、地域の演芸文化祭などで披露してきた。最高学年の今年は毎年の行事に加え、伊那谷文化芸術祭にも参加して集大成とする予定だったが、コロナの影響で発表の機会が相次いでなくなっていた。

 この日の発表会は、地域講師として神楽を指導している舞・和太鼓の井上晶子さん(39)から聞いた「神楽は良くないものをはらうために舞うこともある」という教えをヒントに、浪合振興室の協力を得て開催。練習の成果を見ようと保護者、児童を含む多くの住民が集まった。

 6年生7人は、三河に向かう途中で浪合を通過した尹良親王ら南朝方と、北朝方土族の戦いをよく通る声で演じ、刀を抜く場面では井上さんの和太鼓と歌に合わせてダイナミックな舞を披露。尹良親王の辞世の句は声をそろえて吟じた。

 尹良親王を演じた男子児童は「これが(小学校生活)最後の発表なんだと思いながらやったら大きな声が出せた。90点くらいの出来だと思う」と笑顔で話した。

 地域講師として詩吟を指導している寺澤善周さん(81)は「練習の時よりずっといい声が出せていた」とたたえた。

◎写真説明:南朝と北朝の戦いを創作神楽で表現

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞